TOP技術委員会ワンポイント技術 更新: 11.7.11

ワンポイント技術・第1 

 ラッペリング(懸垂下降)でのロープの結び方。

 ラッペリングのときのロープの結び方には多くの方法がありますが、最近よく使われる
オーバーハンドノットでの結び方を紹介させていただきます。

 

結び方で重要なことは

11本ずつロープを引っ張って結び目を強く引き締めておくこと。

2、ロープの余端を30センチ以上残すこと。

3バックアップ結び(止め結び)は必ず作ること。

になります。

では、写真で順を追って説明していきましょう。


@オーバーハンドノットで2本のロープ   A結び目から出ている4本のロープを、

を?結びます。余端は30センチ以上を残し   1本ずつ強く引き締めます。「重要」

ましょう。「重要」

B2本目を強く引きます。         C3本目を強く引きます。

D4本共、強く引き締めました。      Eロープ余端にバックアップ結びを作り

ます。「重要」

F片方ずつのロープにそれぞれ、バック   Gバックアップ結びの長さを変えてい

アップ結びを作ります。          ます。

H完成。

上記のバックアップ結びでは、別々のロープに距離を変えて2個所作っています。この方法が一番
良いというものではなく、あくまでも推奨する内の一つの結び方であるということにご注意下さい。

また、他の条件(ロープの径が異なる等)によっては、結び方を変えることもあります。

TOP技術委員会ワンポイント技術