TOPハイキング委員会>142回大阪岳連ハイキング俎石山大福山 11.11.1

俎石山・大福山 雨の紀泉アルプス 2011.10.30


イメージ 1


 雨天にも関わりませず、 第143回岳連ハイキングにご参加いただきましてありがとうございました。
霧にかすむ紀泉アルプスの峰々。雨に濡れた森の香り。 そして修験道や古街道の歴史にもふれることができました。
 なにより、ご参加いただきました皆様の一致協力により、 悪天候にも関わりませず、和気藹々と運営できましたこと、 あらためて感謝申し上げます。

担当CL; 寺本 勲


参加者18名 岳連スタッフ4名
出発 JR六十谷駅9:50頃
  

   井関橋10:45 

   井関峠11:30 

   大福山12:15〜12:45 (昼食)

   俎石山13:00    

奥辺峠14:00   

解散 JR六十谷駅15:30 


午後からの雨という天気予報に反して、朝方から小雨のパラつく日曜日、JR阪和線・六十谷駅に9:30集合。
参加者18名 プラス 岳連スタッフ4名の計22名は、駅前で軽くストレッチをして寺本委員を先頭に10時前にスタート。
観音寺の甍を前方の山の中腹に見ながら千手川に沿って舗装道を歩く。 
地蔵祠分岐、井関橋、懴法ヶ辻等で各10分程度の小休止を交え緩やかな坂道をゆっくり登り続けて山頂には12:15到着。
大福山と書かれた大きな石柱が私達を出迎えてくれる。

パラパラと降っていた雨も一時的に止み、30分間のささやかな昼食タイム。近くにフェンスに囲まれて、実を付けた笹百合の保護区画がある。 
13:00、俎石山の北展望台でお決まりの集合写真を撮り、来た道を大福山まで引き返し、13:15、今度は奥辺峠へ向かって下山開始。濡れた岩や粘土質の道では注意深く下っていく。八王子社跡を横目で見ながら落ち葉の道をさらに下ると分岐で元来た道に合流。雨はますます本降りへ。
急ぎ足で六十谷駅へ向かい15:15頃に駅舎に到着。
次回の吉野や六甲山の案内等を岳連スタッフが参加者に伝えて15:30解散。 
道標もしっかりと整備され、比較的幅の広い道が続き雨でも傘をさして歩くことができる緩やかな山だが、役行者の開いたという葛城修験道の二十八宿、三番経塚のある信仰の山でもあり神聖な空気に包まれていた。次回は晴れた日に是非訪れてみたい。 

SL:松田成樹

      大阪湾の一番南にそびえる紀泉アルプス。
      大阪湾、和歌の浦湾の展望を楽しみにしていたのですが ・ ・ ・
      あいにくの雨となりました。
      イメージ 2それでも参加者22名、全員で楽しく俎石山・大福山の

      標高差350m、距離約13キロコースを踏破しました。

前日までは、金剛山のむこうに朝焼けが広がるいいお天気でしたが、
北摂方面の方からは、「もう雨が降っている」と電話をいただきました。
岳連ハイクは、いつも小雨決行。

天気予報では、午後3時頃まで雨は持ちそうでした。

イメージ 3
        朝9時30分 JR阪和線 六十谷(むそた)駅に、22名が参加。
        当日欠席は2名だけでした。
        出発前のミーティングをしていると、小雨がぱらついてきました。

        ストレッチは短めにし、出発しました。

イメージ 4
        千手川ぞいに、「井関越え街道」を歩きます。

        雨に濡れた森の香りもいいものです。

イメージ 5
       祠の前には、杖がおいてありました。
       ここは、地元の方がよく歩いておられます。
       「 歩きは100歳まで 」
       私も90歳になっても山を登ることができるように
       身体を鍛えたいと思っています。

       遠くの山もいいですが、身近に山があるっていいですネ。。☆

イメージ 6
       急坂を登り井関峠に到着。

       ほんとは、ここから和歌の浦湾が展望できるのですが ・ ・ ・

 

イメージ 7

      風景は、霧の中にかすんでいました。

イメージ 8
      晴れていたらこんな風景が見えるはずでした。 
             (上の画像は下見の時に撮影したものです。)

      ■下見の記事 http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/29589942.html

 

イメージ 9
       大福山に、12時15分に到着。

       おなかがペコペコです。

 

      大福山からは、海は見えず、墨絵のような風景でした。

 

イメージ 10
        幸い雨があがり、楽しくお弁当タイム。
        私は手作りのお弁当。金井さんが食べているカップ麺がおいしそうでした。
        これからの季節は、山では、カップ麺がおいしいですね。

        バーナーがなくても、ポットを保温ケースにいれておけば、
        冬でもカップ麺が食べられます。

        氷点下5度を下回ってくるとおにぎりがカチカチになりますが、

        いなり寿司だとこおらないそうです。

 

イメージ 12
        食事が終わると 「 海がみえてるよ〜 」 とお知らせの声。
        多奈川の発電所がみえました。

        この幻想的な風景が見られただけでもよかったデス。。☆

 

イメージ 13
         大阪府の山頂にある唯一の一等三角点にタッチ。
         国土地理院の前身は、陸軍陸地測量部。

         ここには、明治時代から砲台が設置されていました。

イメージ 14

      俎石山・北展望台で全員で記念撮影。私は撮影しているので写ってません。

イメージ 15
      上の画像も、下見の時に撮影したもの。

      ぐるっと大阪湾をとりかこむ淡路島、六甲・生駒・金剛山地が一望です。

イメージ 16

        午後2時には、奥辺峠まで下ってきました。       

イメージ 17
        ここから先は、雨は本降りになり、強い雨にうたれました。
        山では、紅葉がはじまっています。
        霧の谷をぬけて午後3時30分には、六十谷駅に到着しました。
                 はじめて参加された方も多かったんですが、

        悪天候にも関わりませずスムースに運営できましたこと、感謝、感謝です。。☆

イメージ 18

        雨の中、約13キロ。よくあるきました。

報告:山田孝一
    当面の山岳連盟関係日程
    ■ 11月6日(日) 10のコースから、六甲山集中登山 
      大阪府山岳連盟65周年の記念行事です。
      私は、コース? 阪急芦屋川駅8時集合のコースを歩きます。
      岩場あり、やせ尾根ありの多彩なコース。
      六甲山の山頂まで約8キロのちょっと健脚向きコースです。
    ■ 11月20日(日) 蜻蛉の滝から、紅葉の吉野山 (岳連ハイキング)
      吉野の水と紅葉。ため息の出るような風景と、
      世界遺産大峰奥駈道や見どころいっぱいのコースです。
      1年前の下見の記事
     もう一回、11月5日に下見にいきます。
   
    ■ 12月4日(日) 大阪50山・生駒山・納山会 (岳連ハイキング)
      まもなく募集要項を掲示いたします。
    ■ 来年1月22日 赤坂山(滋賀県)スノーハイク (岳連ハイキング)
      貸切バスで、スノーシューをレンタル。
            みなさん、山でお会いしましょう 〜 ☆      
 

TOPハイキング委員会142回大阪岳連ハイキング俎石山大福山