HOME検索
岳連 ハイキング仲間の掲示板です。みんなで楽しく山歩る記。
連盟 ハイキングの報告、感想、なあんでも。楽しく語り合いましょう。
画像もアップできます。デジカメそのままでは送れませんので画像容量を小さくしてください。
合計900キロバイトまで。
名前
メール
HP
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 1/25 坊がつる  成松#1520  2020年1月29日(水) 22:26
[修正]
写真アップします。

   成松#1520  2020年1月29日(水) 22:31 [修正]
雨男と晴女の挟間で?行き帰りのバスの中では結構な降雨でしたが、歩いているときは幸いにもパラパラで済みました。帰りは特に本降りでしたね。

   成松#1520  2020年1月29日(水) 23:06 [修正]
ご参考までに
以前6月初旬に久住山に登ったときはこんな感じでした。
この分岐で<坊がつる><牧ノ戸>に下って行けますね。(2015/06/06)

 大阪岳連ハイキング冬の久住坊ガツル  宮崎 一之  2020年1月29日(水) 4:08
[修正]
雪の坊ガツルを期待して行ったんだけど、雪は全くなくて
坊ガツルは霧に抱かれて静かに眠っていました。
24〜26のうちハイキングは25日のみ24日と26日フエリー泊です。
あの、噂の弾丸フエリー。
フエリー使って坊ガツル往復なんて、もったいない、なんてヘソ曲がりな・・・
へそ曲がりな山行にが参加いただいた皆様、ありがとうございました。
そしてお疲れさんでした。

ハイキング参加20名スタッフ4名 トレッキング2、7名スタッフ2名 御一行様35名
それぞれの親睦フエリーから、翌日大分バスに乗り込む。
鶴見岳〜由布院と霧の中を走る。やまなみハイウエイの雄大な景色が見えず残念。
長者原で24名下車。雨ヶ池越から坊ガツル目指し出発。9:50.
トレッキング9名は牧戸峠へ。
雨ヶ池越手前頃から小雨が振り出し、雨具を剥いだり着たり。
さわさわとさわさわと霧雨降る、森の植物たちのざわめきを堪能した。

嬉しかったなあ、可愛いいツチグリの家族を見つけたよ。

シーズンオフの雨ヶ池は初めてだ。のんびりゆっくりできる。
やっと坊ガツル見えた。静寂の下に沈んでいた。
25名が乗り込んでから一瞬に賑やかになった。
キャンプ場で昼食。皆さん足色揃ってて、時間があるので法華院温泉へ寄り道。
帰路は霧が深くなり、振り返る坊ガツルは霧の下に隠れていた
さわさわしとしとの森を楽しみ長者原のバスへ。

別府で土産物屋と、食材買い出しのスーパーに寄りフエリー乗船。
なんやらかんやら騒いでいるうちに大阪南港に着いていた。

少し大きな画像をこちらに出して居ます。
http://photos.app.goo.gl/UoxErTN1JEC6ymKs6
皆さんもここへ自由に出せますよ。掲出してみてください。

 Re:大阪岳連ハイキング冬の久住「坊ガツル」  宮崎 一之  2020年1月29日(水) 4:19 [修正]
これがツチグリです。

 山スクール実技I 久住山山行報告  大橋ミチル  2020年1月28日(火) 22:37
[修正]
大阪岳連・山スクールT2クラス、広報担当のご指名を受けました大橋です。

T2クラスの10回目の実技は久住山での「雪山登山」!・・・のはずでしたが、雪はカケラもありませんでした。雪山でピッケル&12本アイゼンの技術を教えていただく予定でしたのに残念です。雪がないならお気楽ハイキング?と思いきや、15時までにバスに戻らなければならないという条件付き。いろいろ考えるとコースタイム通りのほぼ休憩なしで歩かなければ間に合いません。前夜のミーティングで、”久住分れに12:30までに到着しなければ引き返すように”と指導いただきました。

地形図を見た結果、沓掛山の先までは急であるためゆっくり行き、傾斜がゆるやかになってきたらピッチをあげる。山頂近くも急であるため、傾斜がゆるやかなうちに余裕の貯金できたらいいなと思いながら歩きだしました。読図は山スクールの授業でたっぷり教えていただいたのでみんな地形図を見るのが好きです。(たぶん)
ガスのため視界が広がったりなくなったりの中、道・方角を見失うことによる時間のロスに注意しながら歩きました。チョコレートを練り上げたような歩きにくい登山道でしたが、扇ヶ鼻分岐を通過した時点で間に合うと確信!

山頂に到着したときは妙な達成感に包まれて、みんなハイテンションな笑顔で写真に写っています。そして下山もテンポ良く歩き、14:50には牧ノ戸峠に到着。ミッションコンプリート〜☆

次回はぜひ晴れた時に景色を見ながら歩いてみたいです。

 Re:山スクール実技I 久住山山行報告  宮崎   2020年1月29日(水) 1:52 [修正]
さっそくの山行報告と画像、ありがとうございます。
トレッキング2の皆さん、お疲れでした。
全員登頂おめでとうございます。
そうですか、久住山も雪がなかったですか。展望も良くなかったでしょうね。
それでも登頂という目的を果たせてよかったですね。

坊ガツルも全く雪なくて、霧の坊ガツルでした。
今年はこのまま雪が降らないのかなあ?

また今年の夏にも山スクールの皆さんと一緒の山行があります。皆さん進級してはるのかな。
またご一緒してください。
ほかにに画像があれば↓↓↓ここに大きめの画像がアップできますよ。
http://photos.app.goo.gl/UoxErTN1JEC6ymKs6

 大岩岳山行報告  桂山 晃  2019年12月19日(木) 5:34
[修正]
遅くなりましたが大岩岳山行報告です。
参加ありがとうございました。


11月17日(日曜)大岩岳地図読み山行報告 (桂山記)

武田尾駅集合で一般参加者は19名、講師6名(山スクール講師含む)、また山スクールトレッキン
グUの生徒7名(以下スクール生)も特別応援として参加した。

6班までの班に分けて、一般参加者3名から4名に講師1名、スクール生1名の班として活動した。
武田尾の駅で班分けを実施後、川沿いの道で50m歩くと約何歩となるかを2〜3回繰り返しだい
たいの感覚をつかんでもらった。我が班では概ね70歩ぐらいの人が多かった。

そこから配布した地図には、進むべき方向を確認するポイントが30ポイント記載されておりそこ
で地図を確認するということを説明した。
また、整置のやり方と「PLP法」でのコンパスの使い方もスクール生が中心となり説明した。

さあ、先頭をスクール生にして出発!
武庫川渓谷沿いを川下川ダム方向に向けて出発したところ、チェックポイントと設定されている
所ではなぜここで進むべき方向をチェックするのかという説明をしながら(分岐点なので当たり
前か)進んだ。気を抜くと川に落ちそうな箇所もあり参加者には少しスリルを味わってもらえた。

川下川ダムにつくとしばらく舗装路をいくことになるのだが、道が湾曲している点があり1回目
のルート誤りを犯した。次はダムからそれて山へ入るのだが取付きのポイントが複数あるように
見え、見つけにくかった。

チェックポイントでは立ち止まって、チェックする理由をスクール生から説明し、コンパスの目
標への合わせ替を行った。参加者からも尾根や谷筋の見方、等高線の間隔などいろいろと質問も
あり地図読みに興味を持っていただけたと思う。
 今回のチェックポイントと設定されている場所は、道の分岐点、高圧線が上を通っている所、
下りから上りへ変化する場所、川の横断、川を渡っている水路などであった。

こういったことを繰り返しながら、大岩岳に到着し昼食休憩を取った。
昼食後大岩岳を出発してまもなく、分岐点があり違う道へ入ってしまった。なぜ気づ
いたかというとコンパスを道場方面へ設定したにも関わらず、全く違う方向を指していたからで
ある。
分岐ポイントまで戻り正規ルートを行くことができた。

山を下り、無人の野菜販売所(このときは有人であった)で休憩をしていると、我々の後から降
りてきた班がきた。大岩岳を出発したときは我々がしんがりであったが、あまり道に迷うことな
く下山できたため途中で抜かしてしまったようだ。

朝から夕方まで天気も良く、参加者にも楽しい地図読みができ知識を深めていただくことができ
た。また、スクール生も人に教えることで勉強になったと思う。(事前準備として、チェックポ
イントでの地形の特徴など事前に調べて地図に記入しているスクール生もいた)

今後バージョンアップした地図読みイベントの企画もあればよいと思う。

 取材撮影ご協力ありがとうございました  佐伯典昭(広報)  2019年11月18日(月) 16:58
[修正]
読図ハイキングに参加されたハイカーの皆さん、楽しんでいただけたでしょうか。
また、読図リーダーを務めた山スクール生の皆さん、大変お疲れ様でした。

府岳連広報紙「山岳おおさか」では現在、「道迷い遭難防止に役立つ」をテーマにしたシリーズをお届けしていますが、今回はその取材として皆さんにお伴し、読図している後ろ姿、また頭の上からといったアングルで写真を撮らせていただきました。写真をいくつか下記アルバムにまとめましたので、どうかご覧になってください。

残念なことに、すべての班に等しく帯同できませんでした。写っていない人、ごめんなさい。また、帯同させていただいた班の方は、突然目の前でカシャっと電子音が響き、さぞかしご迷惑だったかと存じますが、何卒お許しください。

さて、広報では、「道迷い遭難防止に役立つ」シリーズ取材のための、読図山行を年に数回行っています。企画によってレベルは異なりますが、ご興味のある方ならどなたでも参加いただけます。また皆さんのご要望によって企画することも可能ですので、遠慮なく事務所宛にお問い合わせ下さい。

では、またお会いしましょう!

<アルバムとお願い>
https://photos.app.goo.gl/2NpqZhuurmKLerzo8
※ダウンロードは自由です。但し、転用の上個人サイトに公開される際は、読図ハイキングの開催主旨に沿ってご使用ください。商用目的や、開催主旨に反する使用はご遠慮ください。

大阪府山岳連盟広報・佐伯典昭

   モリヤ  2019年10月7日(月) 9:58
[修正]
橋本のバス停から名産の柿が、たわわに実っている山村を歩き登山口へ
不動山巨岩に急な635段の階段をお気を切らせながら無事に登り切った。
不動山巨岩は音風景になっていて皆さん耳を立てたが、何か聞こえる?
何も聞こえないという意見。不動山頂上経由してダイトレ道へ
行者杉の昼食時 階段途中にある柿の畑で貰った完熟柿を皆さんで頂いた。
コース中眺望あるところ少なかったが高圧線の箇所で大阪方面の眺望を楽しんだ。その後予定通りに紀見峠駅に下りました

 1月フエリープラン山行は 冬の久住「坊がつる」に変更です。  ハイキング委員会  2019年9月9日(月) 20:05  Mail
[修正]
'20 年1月フエリープラン別府鶴見岳は 冬の久住 「坊がつる」ハイクに変更します
くじゅう連山の中心部にある九州唯一の高層湿原「坊がつる」の冬を訪ねます。
人みな花に酔う時も/残雪恋し山に入り/涙をながす山男/雪解の水に春を知る

この歌ご存知ですか?
坊がつる賛歌。山男の歌です。この歌の舞台、坊がつるを訪ねます。
長者原…雨ヶ池越…坊がツル…雨ヶ池越…長者原
詳細が決まりましたら、またご案内します。日程は同じです。1月24金夜-26日朝。

さあ、坊がつるの冬景色はどんなでしょう?



 224回大阪岳連ハイキング「燕岳」  宮崎  2019年7月16日(火) 9:20
[修正]
7/13-16 224回大阪岳連ハイキング「燕岳」に行ってきました。
大天井岳まで行く予定でしたが、悪天候のため燕山荘宿泊に変更。
北燕まで行きました。
たくさんの可愛いコマクサたちも丁度良い状態で見ることができ
雷鳥にも会えました。
トレッキング(2) は中房温泉にテント泊、難路の有明山に登りました。
ハイキングパーソナル14名、山スクールトレッキング(1) 6名、トレッキング(2) 12名  スタッフ6名
山スクールには掲示板がないので、こちらの掲示板に書いてください。

画像をこちらに置きました。
http://photos.app.goo.gl/KJaRPjnX93qD9oPS8

↑↑↑ページの右上の+マークのある「画像を追加」で画像をアップしてみてください。

 Re:224回大阪岳連ハイキング「燕岳」   宮崎  2019年7月16日(火) 10:17 [修正]
ゴリラ岩とコマクサ


皆さんの画像も
http://photos.app.goo.gl/KJaRPjnX93qD9oPS8
にアップしてみてください。
どなたでもアップできますよ。

 大阪岳連ハイキング「燕岳」  森屋  2019年7月17日(水) 14:03  Mail [修正]
ハイキング班 燕岳登山記録 です。
7月14日
7:40 中房温泉登山口 出発
8:15-25 第一ベンチ
9:25-35 第三ベンチ
10:15-20 富士見ベンチ
10:45-11:05 合戦小屋
12:20 燕山荘 到着
13:20 燕山荘 出発
13:45-55 燕岳頂上
14:10-20 北燕岳頂上
15:00 燕山荘 到着

7月15日
5:20 燕山荘 出発
6:00-6:15 合戦小屋
6:40-45 富士見ベンチ
7:15-20 第三ベンチ
7:50-55 第二ベンチ
8:20-30 第一ベンチ
9:00 中房温泉登山口 到着

 第223回岳連ハイキング青山高原  氷見  2019年6月12日(水) 18:07
[修正]
6名というこじんまりとしたパーティーでしたが、中々楽しい1日でした。
バブルの遺品のような別荘地の中を歩くのも普段ない経験でした。
昼から天気が崩れることが分かっていたので、円山草原には行かず、三角点から布引の滝に向かって下山。滝見台には着いたけど、アララ、ガスって見えません。残念。でもこの谷筋ルートは面白かったですね。
ゆっくりのんびりハイキングできた、でも13.3kmも歩いた、い1日でした。

 224回は北アルプス燕と大天井です。  ハイキング委員会  2019年5月20日(月) 20:01
[修正]
224回は北アルプス燕岳と大天井岳です。
7/23-25の三日間。鑓ヶ岳の展望パノラマコースです。
一般発表の前にハイキングの皆さんにお知らせします。
http://sangaku-osaka.com/hiking/19/07/0713.html

1 2 3 4 5 6 7 8
過去ログ全 150件 [管理]
CGI-design