[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 第130回 「柳生街道を歩く」岳連ハイキング実施報告  薦田佳一  2010年9月21日(火) 17:43
9月12日(日)に、剣豪の里「柳生街道」の歴史とロマンを求めてワンデイハイキングを実施いたしました。参加者は30名(一般23名、岳連7名)と多勢の参加者でした。近鉄奈良駅前の行基像前に集合し、行き帰り奈良交通臨時バスでスムースに柳生の里に到着しました。
当日は朝からの猛暑で、幻といわれる柳生焼の窯元のお話を聞き、十兵衛杉、柳生藩家老屋敷辺りでは真夏のようでした。芳徳禅寺では橋本住職のはからいで、本堂大広間に招かれ涼しい風を受けて住職さんの剣豪の里、柳生の歴史などを拝聴し歴史ロマンを楽しませてもらいました。芳徳禅寺の柳生家一族の墓地には80数奇の歴代の墓が並び歴史を感じました。そのなかで酒樽の台や徳利の塔、盃の笠をした面白い石碑なども拝見して楽しみました。そこから一刀石までを往復し、暑さはさらに上昇したところでお昼になり、今は史跡公園となっている旧陣屋跡の木陰で昼食。皆さん元気を取り戻し、今日一番の高い阪原峠(かえりばさとうげ)(標高≠400m)を越え、山すその小川では、真黄色の綺麗なチョウチョが無数に舞い幻想的な景色でした。ほうそう地蔵、お藤井戸では柳生宗矩(十兵衛の父)とお藤さんの話など、ハイキング委員会企画担当からの説明を、和気藹々としんでいただきました。
稲は黄金色に実り、ところどころ稲刈りされている里山を眺めながら夜支布山口神社を経て円成寺まで約11キロの行程を全員無事に踏破。歴史ロマン豊かな柳生街道のワンデイハイキングを楽しみました。

                              ハイキング委員会

 10月30-31 下呂御前山/根尾の滝、です  ハイキング委員会  2010年9月26日(日) 10:37  Mail
10月の大阪岳連ハイキングは10月30-31下呂御前山/根尾の滝です。
初めての泊まり山行になります。

南飛騨の自然が創る「山」「滝」「温泉」を訪ねて
「御嶽山の眺望」「森林セラピー」「パワースポット」「紅葉」を楽しみます。

1日目は南飛騨に聳える御嶽山を始め、品格、歴史、個性を持つ山々が並び、
その中に北アルプスが一望できる下呂御前山で森林浴と眺望を楽しみます。
2日目御嶽山の麓に広がる岐阜の宝もの巌立峡で日本の滝100選の根尾の滝を
パワースポットに道中の渓流の植物、野鳥や景観など自然豊かに織りなす
感動の世界をインストラクターの解説入りで、癒しと元気を授かり、最後は
小坂温泉卿で唯一、飲むこともできる日本有数の炭酸泉湯で知られる「ひめしゃがの湯」
に浸かって帰路につきます。



 132回ハイキング中止  ハイキング委員会  2010年10月3日(日) 22:26
10月の大阪岳連ハイキングは10月30-31下呂御前山/根尾の滝
を予定としていましたが
中止と致します。
参加申し込みをされた方には申し訳ございません。

次回は12月金剛山で納会を予定しています。

 藤木祭 六甲山・高座の滝 9月26日開催  山田  2010年9月28日(火) 22:59  HP
大阪府山岳連盟、兵庫県山岳連盟、日本山岳会の共催で、
第22回藤木祭が開催されました。
ハイキング委員会からもハイキングと会場設営のために参加いたしました。

●藤木祭とは、http://sangaku-osaka.com/hiking/fujikisai/0926.html

写真 左=高座の滝・藤木九三氏のレリーフ

   中=加藤文太郎を想い唄うリピート山中さん

   左=大阪岳連、山並会長の音頭で乾杯。

 「柳生街道」アンケート集計 第130回岳連ハイキング  山田  2010年9月13日(月) 10:28
第130回岳連ハイキング 平成22年9月12日開催 
●天候 晴れ時々曇り(猛暑日 奈良市最高気温35.3度)
参加者総数30名 アンケート回収20名  

@今回の岳連ハイキングは・・・・・

満足―15名 やや満足―5名 不満ありー0名
・ 来てよかった(あるくことができて)
・ あつかった
・ スタッフの歴史解説は特に素晴らしく予想外でより楽しいハイキングとなりました。
・ 少々あつかったですが、とても楽しかったです。
・ 紅葉のシーズンにしてほしかった。

A 運営方法などについてのご意見
満足―15名 やや満足―5名 不満ありー0名
・ 一般では聞けないお寺の御住職のお話を戴いてよかった。
・ ご愛嬌程度の行き違いを楽しみました。交流の話の種になります。
・ 完歩証まで用意していただきかんげきしました。
・ 下調べ等充分されていると思います。

B 今後の企画についての希望
・ 熊野古道おねがいします。
・ 比良山系のハイキングを
・ 特にありません。矢張り参加するとリフレッシュできます。
・ 次回10月3日の山行き楽しみにしています。
・ ネーチャーハイキングとの違いはなんですか?(次回はネーチャーハイキングとなってますが)


                   以上 ご協力ありがとうございました。

 キチョウの群舞  山田  2010年9月13日(月) 11:49
阪原峠を越えて猛暑のきびしい街道道。
キチョウの群舞が幻想的でした。

 芳徳禅寺  山田  2010年9月19日(日) 0:02  HP Mail
数多くの小説やドラマや映画で取り上げられている
柳生一族、芳徳寺のご住職のお話は、よかったですね〜♪

 re:芳徳禅寺  MIYA  2010年9月26日(日) 11:41
山田さん、遅くなりましたけどHP見させていただきました。
柳生家三代のコラムがナイスでした。

ところで次回の岳連ハイキングは10月3日の南葛城山と表示してありましたが
次回は「下呂御前山/根尾の滝」じゃないんでしょうか。
南葛城山はネイチャーハイキングだと思うんですが。

岳連ハイキングとネイチャーハイキングの違いがよくわかりません。


 re: MIYA様  山田  2010年9月28日(火) 9:10
いつも御世話になりましてありがとうございます。
私は、不十分なお答えしかできませんが・・・
岳連ハイキングと「ネーチャーハイキング」の区別ですが、
従来から重ねてきた「大阪50山」については、
自然保護委員会が担当し、名称を「岳連ハイキング・ネーチャーハイキング」とすることとなりました。
まだ、試行錯誤している点も多々あろうかと思いますが、
この間、いたただいているアンケートなどを参考に、
山岳連盟ハイキング委員会及び自然保護委員会で、
伝統の「岳連ハイキング」を更に充実したものにするべく議論を重ねております。
この掲示板ができましたので、御意見、御要望などもお示しいただけましたら幸いです。