[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 イタセンパラ 生物の多様性 [大阪府山岳連盟自然保護委員会研修会] 2011.10.8  山田孝一  2011年10月15日(土) 10:46  HP Mail
大阪府山岳連盟自然保護委員会研修会( 2011.10.8・水生生物センター)に参加しました。
貴重な生物の多様性。天然記念物イタセンパラの生態などを学習しました。

ブログの記事 http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/29631716.html


 【速報】143回「俎石山・大福山」 10月30日実施 (雨天)  SL:金井謙二  2011年10月31日(月) 13:04
参加者合計 22名

出発 JR六十谷駅9:50頃

   井関橋10:45
   井関峠11:30
   大福山12:15〜12:45
   俎石山13:00
   奥辺峠14:00

解散 JR六十谷駅15:30


最近の天気予報は恐ろしいほど当たるので、前日から諦めてはいましたが、出だしから雨が降り出し、雨具の手放せない一日となりました。

墨絵のような景色の中でのハイキングでしたが、弁当休憩時だけは雨が止み、ゆっくり昼食が取れたのは幸いでした。

午後から雨脚が強まり、車道の水たまりの中を歩いてJR六十谷駅に到着しましたが、参加者のみなさんの意外にさっぱりとした顔を見て救われた気分になれました。

 ブログの報告記事  SL : 山田孝一  2011年10月31日(月) 20:55  HP Mail
雨に降られながらも、全員で無事踏破。

初参加の方も多かったんですが、

スムースに運営できて感謝、感謝です。

雨でこその幻想的な風景がありました。

■ブログの報告記事 

 → http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/29728603.html


(画像)

    □俎石山北展望台で記念撮影     □大福山から大阪湾がうっすらと    □俎石山一等三角点


 ご参加ありがとうございました。143回俎板山・大福山  CL : 寺本 勲  2011年10月31日(月) 21:27
雨天にも関わりませず、
第143回岳連ハイキングにご参加いただきましてありがとうございました。
霧にかすむ紀泉アルプスの峰々。雨に濡れた森の香り。
そして修験道や古街道の歴史にもふれることができました。
なにより、ご参加いただきました皆様の一致協力により、
悪天候にも関わりませず、和気藹々と運営できましたこと、
あらためて感謝申し上げます。

                             担当CL ; 寺本 勲

 大福山、俎石山 (山行報告) 2011.10.30  SL:松田成樹   2011年11月1日(火) 12:56
午後からの雨という天気予報に反して、朝方から小雨のパラつく日曜日、
JR六十谷駅に9:30集合。
参加者18名+岳連スタッフ4名の計22名は、駅前で軽くストレッチをして寺本委員を先頭に10時前にスタート。
観音寺の甍を前方の山の中腹に見ながら千手川に沿って舗装道を歩く。

地蔵祠分岐、井関橋、懴法ヶ辻等で各10分程度の小休止を交え緩やかな坂道をゆっくり登り続けて山頂には12:15到着。

大福山と書かれた大きな石柱が私達を出迎えてくれる。
パラパラと降っていた雨も一時的に止み、30分間のささやかな昼食タイム。近くにフェンスに囲まれて、実を付けた笹百合の保護区画がある。

13:00、俎石山の北展望台でお決まりの集合写真を撮り、来た道を大福山まで引き返し、
13:15、今度は奥辺峠へ向かって下山開始。濡れた岩や粘土質の道では注意深く下っていく。八王子社跡を横目で見ながら落ち葉の道をさらに下ると分岐で元来た道に合流。雨はますます本降りへ。
急ぎ足で六十谷駅へ向かい15:15頃に駅舎に到着。
次回の吉野や六甲山の案内等を岳連スタッフが参加者に伝えて15:30解散。

道標もしっかりと整備され、比較的幅の広い道が続き雨でも傘をさして歩くことができる緩やかな山だが、
役行者の開いたという葛城修験道の二十八宿、三番経塚のある信仰の山でもあり神聖な空気に包まれていた。
次回は晴れた日に是非訪れてみたい。

 ご案内 11月20日開催 第144回 紅葉の吉野山  CL:山田孝一  2011年10月1日(土) 7:22  HP Mail
11月20日開催予定の第144回岳連ハイキング 紅葉の吉野山の案内パンフです。

 ■ 集合 午前8時50分 近鉄吉野線 大和上市駅

http://sangaku-osaka.com/hiking/11/11yosino/yosino.html




参考(昨年の同時期に下見をしたブログの記事)
@ http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/27325988.html
A http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/27373824.html

   山田孝一  2011年10月5日(水) 10:21  HP Mail
台風12号・15号の影響で、奈良県、和歌山県、三重県などの紀伊山地に甚大な被害があり、
今なお避難生活など困難な生活を余儀なくされておられる方が多くあります。
今回の被災がいち早く復旧されることを願い、心からお見舞い申しあげます。
なお、川上村・吉野町・国交省吉野土木事務所および奈良交通に確認しました。
現時点でも、第144回岳連ハイキングの実施に支障がある情報はありません。
再度、近々に下見・現地調査を実施し、安全を確認したいと思っております。
結果は、後日、このページにてご報告いたします。

2011.10.5
第144回岳連ハイキング 担当:山田孝一

 こころふたたび吉野山  山田孝一  2011年11月1日(火) 7:05  HP Mail
 こころふたたび吉野山

 この画像は、地元の観光協会、近鉄がやっている
 キャンペーンのポスターです。
 撮影場所の奥の千本、西行庵は、今回の岳連ハイクで訪ねる場所です。

 心にのこる風景を堪能できたらって思ってます。

 ■パンフレット(PDF)

  http://www.town.yoshino.nara.jp/gyouji_event/kokorofutatabi2011a.pdf

 ■3日間有効の近鉄のチケットあります。日帰りだけだとお得ではないですね。

 □岳連ハイクの当日、デジカメの使い方、ワンポイントアドバイスいたします。

 世界遺産 吉野山と大峯奥駈道  山田孝一  2011年11月3日(木) 14:46  HP Mail
吉野山とは、大峯連山の北の端から南に約8kmつづく尾根一帯を指します。
大峯信仰登山の根拠地でもあり、修験道の霊場とされてきました。霊場「吉野・大峯」と「熊野三山」を結ぶ修行の道は「大峯奥駈道」と呼ばれ、今日でも修行が行われています。

2004年7月、吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定されました。吉野山は山全体が世界遺産として登録されています。

今回の岳連ハイクでは、吉野水分神社・金峯神社・蔵王堂などの世界遺産の建造物を訪ねます。

■吉野町 世界遺産「吉野・大峯」(紀伊山地の霊場と参詣道)
http://www.town.yoshino.nara.jp/sekaiisan/