[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

  一目百万本のつつじ〜大和葛城山へのお誘い A  山田  2011年4月23日(土) 17:39  HP Mail
昨年の大和葛城山のヤマツツジの満開の写真をご紹介します。
このヤマツツジは、自然にあったヤマツツジを手入れし、山頂の広やかな高原に、ここまで増やしたものです。

昨年は、4月、5月が異常な低温、多雨、日照不足で開花が送れ、満開の時には枯れだしている花がありました。
今年は、日照に恵まれてたくさんの蕾がついています。

昨年の5月22日の写真を、以下に掲載します。

■ブログの記事→http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/25406656.html

■ お申し込みは・・http://sangaku-osaka.com/hiking/11/05katuragi/katuragi.html

 一目百万本のつつじ〜大和葛城山へのお誘い〜第138回  山田  2011年4月23日(土) 17:30  HP Mail
来る5月15日開催の第138回岳連ハイキング「大和葛城山」
ちょうど一目100万本といわれる山頂のヤマツツジが満開になりそうです。

// おすすめポイント //

@ 臨時バスの増発でアクセス楽々!
  ★例年、満開の時には、ロープウェイは2〜4時間まち
   駐車場も渋滞し4〜5時間まちとなります。
A 快適な登山道
  登りに利用する「天狗谷道」は、よく整備され、急峻な登山道が多い
  大和葛城山の登山道では、もっとも登りやすい道です。
B くだりは、西行法師ゆかりの弘川寺へ
  平安時代の流浪の歌人、西行法師。その終焉の地が弘川寺。
  桜は終わってますが、美しい花につつまれています。
C 登山の経験がない方でも、楽しめる楽々ルートです。

■ お申し込みは・・・

  http://sangaku-osaka.com/hiking/11/05katuragi/katuragi.html

 137岳連ハイク 三郎が岳と仏隆寺  薦田佳一  2011年4月20日(水) 14:23
平成23年4月17日、第137回 岳連ハイキング三郎ガ岳を山岳連盟ハイキング委員会の寺本氏の案内で実施いたしました。
前日とうって変わり朝から晴天で絶好のハイキング日和となり、参加人数は一般13名、岳連関係4名、総勢17名でした。
大阪を7時20分、天王寺を8:00、予定どおりに運び目的の登山口には10時ごろにつきました。頂上でゆっくりしようとのことから、さらに上の峠までバスを進めてもらった。
峠では野鳥の声が気持ち良く響き、快晴で気温は4月としては丁度良く、スタートからは急登でしたが予定より早く三郎が岳頂上(879m))に着いた。
展望は良く360度を楽しむことができ、南の方角に大峰山、大台ガ原の山並みがいく重にも青く連ねている。
休憩後、頂上から下りは急坂で1ピッチ程下り、峰伝いに縦走、少し登って高城山(810m)に到着、皆さんぽかぽかと温かい陽ざしを受けてゆっくりと昼食を採ることが出来た。
稜線ではアセビ、リョウブ、など新芽を出し、ツツジはピンク色の花を咲かせていた。登山道は稜線に沿ってゆっくり下り小峠をえて途中ショウジョバカマなどの花を観察しながら仏隆寺に至る。
仏隆寺では樹齢1000年の満開の桜をバックに記念撮影、仏隆寺の住職の話を拝聴し3:30頃マイクロバスで帰路に着く、大阪には5:00ごろ到着。
今回の岳連ハイキングとしては少し軽かったが、参加した皆様には結構楽しんで頂いた。
(今回、岳連ハイキン委員会参加者;寺本、三代、井原、薦田の4名)

                        山岳連盟 ハイキング委員会 薦田佳一

 137ハイキング、仏隆寺の桜  宮崎  2011年4月1日(金) 12:59  HP Mail
暖かくなって大阪でも桜の開花ですね。
次の137回大阪岳連ハイキングは
4月17日 伊勢本街道、三郎ケ岳、仏隆寺です。
仏隆寺の千年桜も見ます。見事ですよ。
品種がヤマザクラとエドヒガンザクラの雑種である「モチヅキザクラ」の一種で樹齢も900年といわれる県下最古の桜です。

この仏隆寺がある地名は赤埴(あかばね)、講談などでおなじみの赤穂四十七士討ち入り前夜「赤埴源蔵 徳利の別れ」の
赤埴源蔵のお墓があるそうですよ。

さあ、今年の千年桜の咲き具合はどうでしょうか。
http://sangaku-osaka.com/hiking/11/04saburou/0417saburou.html

1枚目の画像は昨日、大阪市内の公園です。

  一目百万本のつつじ〜大和葛城山へのお誘い B   山田  2011年4月23日(土) 17:48  HP Mail
大和葛城山の魅力は、ツツジだけではありません。

@ 写真左 葉っぱに花を咲かせる「ハナイカダ」  たくさんの山野草の花が見られます。

A 写真中 タテハ蝶が腕にとまってきました。   珍しい蝶の生息地です。

B 写真右 「願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」
       こよなく桜を愛した西行法師。この歌のとおり、大和葛城山の麓、弘川の里で終焉を迎えました。
      

■ お申し込みは・・・

  http://sangaku-osaka.com/hiking/11/05katuragi/katuragi.html