[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 第140回岳連夏山登山 「徳本峠・大滝山・蝶ケ岳」2011.7.29(金)〜31(日)  三代 信子  2011年8月6日(土) 11:34  Mail
1日目:天王寺・梅田8:00発→上高地→明神館15:50(泊)
2日目:明神館5:00→徳本峠入口→徳本峠小屋→明神見晴し→大滝槍見台→大滝山南峰→大滝山荘14:25(泊)
3日目:大滝山荘5:30→大滝北峰→冷沢分岐→三股分岐→蝶ケ岳ヒュッテ→蝶ケ岳山頂→蝶ケ岳ヒュッテ→三俣分岐→まめうち平→三股登山口→ゲート→ホリデー湯四季の郷→大阪20:50解散

1日目:上高地の駐車場は、一般のツアー客の観光バスであふれかえっていました。雨のパラつく中、1時間程歩いて今日の宿、明神館へ到着。夕食まで少し時間があるので、穂高神社の奥宮である明神池へご案内しました。毎年10月8日に祭礼が行われる歴史とロマンに満ちた素敵なところです。明日は出発が早いので、皆さんしっかりお休みされたことでしょう。

2日目:朝から雨がパラついた中、5時玄関前集合、準備運動を済ませ出発。徳本峠の手前、最後の水場過ぎたあたりで、1名体調不良を訴えられ、安全な所まで付き添い下山していただく。明日の入浴先「ホリデー湯」で落ち合うことにしました。徳本峠小屋で朝食、トイレを済ませ出発。いよいよ樹林帯の中、ロングコースのはじまりです。ここ最近お天気が良くなかったようで、途中から田植えが出来る程のぬかるみの悪路がはじまり、アップダウンを苦労しながら進みました。明神見晴し、大滝槍見台とお天気が良ければ、穂高連峰が展望できるビューポイントなのですが、雲で隠れて見えず残念でした。辛抱して歩くと大滝山への鞍部2457mを過ぎると一面のお花畑です。足元が悪いので、素晴らしいお花を楽しむのは大変だったことと思います。更にもうひと頑張りして、大滝山荘へ到着しました。皆さんホッとされたことでしょう。夕方メンバーの一人がクマを目撃したとの情報がありました。スタッフ1人だけの静かで落ち着いたいい山小屋でした。

3日目:5時朝食。出発前に雲海を楽しみ5:30出発。すぐに大滝山北峰に到着。ほんの一瞬でしたが穂高連峰を見ていただくことが出来ました。本当によかった、ホッとしました。ここから蝶ケ岳に向けてきついのぼりが始まりです。三股の手前あたりから本降りとなりました。蝶ケ岳ヒュッテに荷物を置き、蝶ケ岳山頂へ。各人で雨の中の記念撮影となりました。ヒュッテに戻り下山開始。先ほどの三股分岐を下ります。昨日よりはぬかるみの悪路は少ないものの、今日は1400mを一気に下るきついコースです。途中1名あと3/1位の所で体調を崩されましたが、登山インストラクターお二人にサポートしていただき、全員無事に下山することが出来ました。2日間、雨で上級クラス並みの厳しいコースになりましたが、皆さん頑張って完歩されました。大変にお疲れ様でした。そして、ご参加いただき、本当にありがとうございました。めったにない体験をされました。これからの山行に活かしていただければ幸甚です。これに懲りず、これからも岳連行事にご参加いただけますよう、お願い申し上げます。また、色んなご意見・ご要望をいただけますよう願い上げます。最後に宮崎リーダー、岳連スタッフ、登山インストラクターの応援をいただき、無事完歩できました。皆様、大変にありがとうございました。

 第140回岳連夏山登山「大滝山・蝶ヶ岳」2011年7月29日ー31日  鎌倉征三  2011年8月5日(金) 21:20








1日目(7月29日 金)
自宅発(5:45)近鉄八木駅→JR天王寺駅(7:30)→梅田(8:00)→沢渡→上高地(14:35)→明神館(15:50)泊

2日目(7月30日 土)
明神館(5:05)→徳本峠入口(5:10)→徳本峠(7:23-45)→明神見晴し(8:59-9:05)→大滝槍見台(10:19-25)→大滝山(14:13)大滝山荘(14:22)泊

3日目(7月31日 日)
大滝山荘(5:35)→鍋冠山、冷沢分岐(5:50)→蝶ヶ岳三股分岐(7:10)→蝶ヶ岳ヒュッテ(7:25)→蝶ヶ岳(7:43)→蝶ヶ岳三股分岐(8:02)→まめうち平(10:13)→三股登山口(11:55)→ほりでーゆー四季の郷→往路→帰阪

第140回府岳連ハイキング夏山登山「徳本峠 大滝山 蝶ヶ岳」山行に参加しました。
なんでも山小屋泊の企画は今回が初めてのこととの説明がありました。
雨にたたられた山行ではあったが楽しい3日間でした。それとこの山行のメインである槍と穂高連峰がひと時ではあったが眺められたので大満足でありました。

《1日目》
集合場所のJR天王寺駅と梅田の大阪第4ビル前で参加者を乗せて休憩をはさみながら高速道路を走り安房トンネル抜け、沢渡を通過し上高地バスターミナルへ到着する。ビックリするほど観光バスでいっぱいだった。
今日の宿泊先の明神館まで小1時間の歩きで到着する。夕食まで時間もあり皆で明神池の散策に行く。以前のぞいたことはあるが今回は300円の参拝料を払って湖畔の見学をする。リーダーの宮崎氏が「いつもは素通りする場所であるがこんな時しか見学をしないし良い機会である。」とおっしゃていたがその通りであった。

《2日目》
2日目は5時出発である。小雨混じりの天候で雨具を着用して薄暗い中宮崎氏の号令の下、準備体操をして出発をする。約5分で白沢出合、徳本峠入口である。
しばらくの間なだらかな林道歩きが続き1時間余りで山道となり急な登りとなって来る。最後の水場の休憩場所辺りでメンバーの一人の方が体調が悪くなりリタイアをしてしまう。以後休憩を入れながら2時間余りで霞沢岳分岐を過ぎ徳本峠に到着した。
峠にはこぢんまりとした、しかし新しく増築された徳本峠小屋建っていた。ここで大休憩をとり今日の泊場の大滝山荘に向かう。

樹林帯の中、止んだと思ったら降り出すと言った天気と田圃の様なぬかるみの登山道に悩ませられながら休憩を入れながら歩を進める。
P2246三角点の地点を過ぎ相変わらずの天候中、明神見晴らし、大滝槍見台と天気が良ければ展望もえられる場所も灰色の雲の展望のない中を黙々と進む。
疲れが出始めた小屋手前の最後の急登の場所は一面の花畑で気持ちも晴れた。
大滝山(南峰)山頂を通過してすぐが、こぢんまりとしたスタッフ一名で運営する大滝山荘小屋であった。

《3日目》
心配した天候もこの時点では一安心であった。小屋の前の展望台から雲海を眺め5時30分に出発する。大滝山(北峰)を過ぎた所で先を行くメンバーからの歓声が聞こえて来る。
それもそのはずである。雲の上から槍や穂高連峰が見えるではありませんか。
この山行のメインでもあるこの展望は何回見てもいいものだ。しかし、この展望も一瞬にして雲の中に隠くれてしまった。

鍋冠山、冷沢の分岐を過ぎて高山植物を眺めながら稜線を進みすぐに樹林帯に入り進むと今にも泣き出しそうな天候となる。アップダウンを繰り返しP2542辺りで本降りとなって来た。

三股、蝶ヶ岳の分岐を過ぎて蝶ヶ岳ヒュッテに荷物をデポして雨の蝶ヶ岳の頂きを踏む。ここからも槍ヶ岳、穂高連峰の好展望の場所であるが今日は雲の中で一面の灰色である。
蝶ヶ岳ヒュッテに戻り三股、蝶ヶ岳の分岐から登山口の三股へ下る一方で膝が痛くなる頃、休憩をはさんでまめうち平を過ぎ、力水で冷たい水で喉を潤し三股登山口へ帰着する。下界は晴れていた。安曇野の「ほりでーゆー四季の郷」で汗を流し帰路につく。

宮崎リーダー、スタッフ及び指導員の皆様お世話になりありがとうございました。


 夏山登山 大滝山、蝶ヶ岳  宮崎 一之  2011年8月4日(木) 17:31  HP Mail
昨日富士山から戻ってきました。

夏山登山 大滝山、蝶ヶ岳に参加された皆さん
ありがとうございました。
3日間 ずっと雨でしたが、最終日一瞬槍穂高が見れてほんとに良かったです。
それにしてもハードなコース、怪我も事故も無く皆さん完走されました。
パーティとして協力して頑張っていただいたおかげです。
登山インストラクタの金井さん、松田さん、サポートありがとうございました。




 夏山登山 大滝山、蝶ヶ岳  宮崎 一之  2011年8月4日(木) 18:54  HP Mail
ほんとに一瞬でしたね。
この撮影のあと、槍は消えてしまいました。
一番左にほんとに小さく頂上だけちょこんと見えてるのが槍ですが・・・

最後の急登、お花畑です。




 夏山登山 大滝山、蝶ヶ岳  宮崎 一之  2011年8月13日(土) 18:16  HP Mail
画像をピカサアルバムにアップしました。
よければ、ご覧下さい。





http://picasaweb.google.com/k.komacan/11072931?authuser=0&feat=directlink

 夏山登山」ありがとうございました。  松田 成樹  2011年8月13日(土) 18:41
今回の北アルプス徳本峠〜大滝山・蝶ケ岳は、殆んど雨の中の山行でした。それでも上高地の神聖な明神池、明神館の美味な夕食、館ご主人・梨子田氏の安曇族などの神話、大滝小屋手前のお花畑、どしゃ降りの蝶ケ岳。どれも趣深いものでした。

とりわけ大滝山の山頂で、雲から出た穂高や槍や、蝶ケ岳・常念岳の山容をかいま見ることが出来たのは幸いでした。

 re:夏山登山」ありがとうございました  松田 成樹  2011年8月13日(土) 18:44
また、府岳連のTI(登山インストラクター)の宣伝?にも一役買うことができましたね。

これからは山に行くパーティーの参加者の中に少なくとも一人以上はTIを取得して、自らの安全登山を目指して欲しいです。

                    登山インストラクター 松田 成樹

 夏山登山」ありがとうございました。  千場 健治  2011年8月13日(土) 18:26
先日の、大滝山・蝶ガ岳縦走登山では、大変お世話になりました。

3日間の過酷な雨の中、我々登山初心者を緻密な計画と冷静な
判断・指導で、無事完走できたのは、お二人を始めとして、山岳会
リーダーのお蔭と感謝しています。
これまで、雨の中の登山経験は少なかった私達でしたが、今回は良
い経験をさせて頂きました。雨の中でも、楽しく登山することもできる
んだな・・・と、いい思い出を作ることができました。
ありがとうございました。
                           干場

 夏山登山」ありがとうございました。  千場 健治  2011年8月13日(土) 18:31
追加です。

 re:夏山登山」ありがとうございました。  千場 健治  2011年8月13日(土) 18:36
もう一回。

 楽しかったなぁ〜〜蝶が岳  金岡 慶子  2011年8月14日(日) 8:50
こんにちわ 雨でも楽しかった蝶が岳
私は雨の登山も大好きです まず緑がいきいきと綺麗・静かな山旅・ほこりが少なく空気が美味しい〜〜全てプラス思考.

またインストラクターの方々 森岡一子様にも感謝です いろいろ勉強に成りました

私は8月12日夜行〜折立〜太郎山〜薬師沢小屋〜雲ノ平〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高温泉へ行く予定です
山の登りはきついけど山頂を踏めば気分爽快下山すれば登りの辛さも吹っ飛んで・・・さぁ〜次は何処へ登ろうかしらと・・・
美味しi空気を吸いに さぁ〜山へ出かけましょう 健康に一番ですね
お世話に成りました 写真有難うございます
                            ★★金岡 慶子★★

 「夏山登山」ありがとうございました。  稲葉 博則  2011年8月13日(土) 22:31
夏山登山お疲れ様でした。
雨でしたが、いろいろな人と出会える事もでき、とてもいい山行でした。

次の日の月曜日、たまたま職場で30年ほど前に同様のコースを逆で行かれた人と話が盛り上がりました。
(その方は、帰宅後疲労骨折で3日間動けなかったそうです。)
行った山を思い出しながら話をするのはいいものでした。

また、今回は槍、穂高の絶景をみられたのが大きな収穫でした。
益々登りたい欲求が湧いてきました。

いろいろと有り難うございました。

                  パーソナル&うすゆき会員 稲葉

 第141回岳連ハイキング比良白滝道  氷見美子  2011年8月29日(月) 9:06  Mail
第141回岳連ハイキング比良白滝道

前日のゲリラ豪雨で、濡れた岩の上やぬかるみを歩くことも多いため、滑落などの心配をしておりましたが、皆さんとても上手に歩いていただいて、無事に終えることができ、心より感謝いたします。

読図の基礎講習ということでしたが、ロングコースを設定してしまったために十分な勉強の時間がとれなかったことをお詫びいたします。
ですが、お渡しした資料で復習していただき、山行の際には地形図とコンパス、高度計を持つことを習慣付け、慣れ親しんでいただけるよう、お願申し上げます。

資料を提供して下さった遭難対策委員長の石田様、ありがとうございました。

 白滝道でみた花。  山田孝一  2011年8月29日(月) 15:57  HP Mail
@ ヤマジノホトトギス 

A イワタバコ

B ミズヒキ

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 2:35  HP Mail
おかげさまで、少し暑いぐらいの好天に恵まれて、
「読図講習」をかねた第141回岳連ハイキング「比良・白滝の道」は、
一般参加20名。役員参加4名にて、無事終了いたしました。

以下、ダイジェストで当日の様子を報告いたします。

@ JR堅田駅から、臨時バスで葛川・坊村へ 9:23到着

  若狭(鯖)街道と安曇川の美しい風景を楽しみました。

A 読図のミーティングとストレッチを済ませて出発。9;54

  比良山荘のお店の前にビールがケースごと冷やされていました。

B 林道を歩き牛コバに到着。11:02

  ここから、白滝谷。


  

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 2:40  HP Mail
C 山の水は、身体に合わない場合も多いので、注意がいります。

D 白滝谷の美しい渓流。歓声が上がります。

E 何度も沢を渡り返しながら登りました。

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 2:46  HP Mail
F 白石谷分岐で滝を見ながら休憩。心地よい風が吹いてきました。11:40

G 足元には、ヤマジノホトトギスがいっぱい咲いていました。

H 炭焼き場跡で、昼食。お弁当タイム。12:00

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 2:53  HP Mail
I 標高差100mぐらいのまき道。暑くて汗が吹き出しました。

J 夫婦滝・休憩小屋前にて記念写真。13:00

K 夫婦滝を過ぎるとまき道はなく、渓流沿いに気持ち良い道。

  春の花の季節にまた来たいと思いました。

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 2:58  HP Mail
L 汁谷手前は、シャクナゲの原生林。

M トリカブトの花。

N 汁谷に到着し、ゆっくり休憩。ハングライダーがとんでいました。

  13:40

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 3:11  HP Mail
O 木戸峠に到着。この日の最高地点。標高974m。坊村から標高差668mを登りました。14:04

P ここで、「山座同定」をしました。

  左から、比良岳、烏谷山、堂満岳がよく見えました。

  絶好の地点です。

Q 磁北線がひかれた地形図で、まず正置。コンパスの辺を目的地に合わせます。これで進行線が目的をさしますので、コンパスを地図からはなし、コンパスの磁針と回転矢印が合うように体を回すと進行線の先に目標がきます。これで見えているピークを特定できます。

 速報 第141回 比良・白滝道  山田孝一  2011年8月29日(月) 3:21  HP Mail
R クロトノハゲ 14:40

S 琵琶湖がよくみえました。

21 約800mの標高差を下り、樹下神社にて解散。16:20

  JRしが駅から、木戸峠を振り返るとせりあがる山容に達成感を感じました。

 初めての投稿です  岡本 康義  2011年8月30日(火) 9:55  Mail
比良白滝道に参加させて頂いた一員です。蒸し暑い一日でしたが、渓流を渡る涼風に癒され、稜線に吹く風の涼しさを感じながら、至極のひと時を味わって来ました。「読図講習会」も大きな収穫となりました。また機会がありましたら連れて行ってください。委員長はじめ、引率して頂いた「役員の方々」に、お礼申し上げます。
 
 今年は天候が不順だったので「夏山登山」も大変だったと思います。
 しかし「ひとときの晴れ間」からでも、景色を垣間見れた事は、参加者に大きな感動を与えたと思います。また頑張ってください。


   山田孝一  2011年8月30日(火) 12:05  HP Mail
早速の投稿ありがとうございます。
御自分で、コースの地図を作成され、各ポイントの予想到着時間を記入。
解散地点を午後4時20分と予想されていました。
実際に解散地点の樹下神社到着は、午後4時20分、相当の御経験をつまれているなぁ〜て拝察いたしました。
岳連ハイキングの中で、それぞれの参加者の交流がもっとできればと思っています。これからも、よろしくデス。。。☆

画像 @ 三の滝  A 夫婦滝  B 解散地点の樹下神社

 比良(白滝道〜キタダカ道)ハイク  わかやま  2011年8月30日(火) 13:11  Mail

一昨日の比良(白滝道〜キタダカ道)ハイクでは氷見リーダー、スタッフのみなさんに大変お世話になりました
ありがとうございました

温も高く蒸し暑い日でしたが、苔と沢の涼しい木立の間を滝をめぐり、
琵琶湖展望の道を歩き、身も心も癒された一日でした

また、リーダーから丁寧に読図を教えていただきました


機会がありましたら、これからも参加させていただきます

ありがとうございました

わかやま

 比良(白滝道)ハイク  ムカイ  2011年8月31日(水) 17:20  Mail
好天に恵まれまれました白滝道ハイク、山田リーダー、氷見さんの読図指導、薦会長の適時なポイント指導は、今回始めて岳連ハイクに参加させていただき楽しい一日でした。有難うございました。参加者の方々が健脚で
少し遅れ気味で迷惑をかけましたが、次回の大江山ハイクにも参加させていただきます今後ともよろしくお願いします

   山田孝一  2011年9月3日(土) 18:16  HP Mail
ムカイ様 ワカヤマ様 投稿ありがとうございます。

ブログの報告記事、アップしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/konngounomizu/29378000.html

ブログ「金剛山の四季」