[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 紅葉登山焼岳と大正池  金井謙二  2012年10月9日(火) 8:28
参加者13名 スタッフ4名
1日目:
天王寺7:05→梅田7:20→高山11:45→板蔵ラーメン(休憩)12:00〜12:30
平湯(バス乗換)13:00〜13:15→大正池13:30→河童橋14:50→上高地バスターミナル16:00
中の湯(バス乗換)16:15〜16:25→中の湯温泉着16:35

2日目:
中の湯温泉旅館出発5:40→ 登山道入口5:50〜6:00→ 下堀沢出合7:50〜8:00
焼岳南峰9:30→ 焼岳北峰9:45〜10:20→ 登山道入口13:25→ 中の湯温泉13:30〜14:30
ひるがの高原SA16:25〜16:45→ 養老SA18:30〜18:45→ 梅田21:20→ 天王寺21:45

天候に恵まれ、タイトル通りのアルプス紅葉登山に堪能しました。

下堀沢出合から山頂にかけては、さながら撮影会のような状態となりました。

さぞや皆さん傑作をモノにされたことでしょう。
ハイキング掲示板への投稿をお待ちいたしております。

※東豊観光バスの数見運転手には、たいへんな渋滞をすり抜けて、無事大阪まで送りとどけていただきました。ありがとうございました。

 大正池と焼岳登山(その1)  干場 健治  2012年10月13日(土) 22:51
天王寺公園横が集合場所だった。
行楽地に向かう団体の集合場所にもなっていた。多くの人込み中から、大阪府岳連の旗を見つけたときは少しホットした。時間通りに、7時に出発し、大阪・第4ビル前で他のメンバーと合流する。総勢17名の登山ツアーとなった。
途中、休憩を3回ほど挟み、高速道路をぶっ飛ばし、多少の渋滞は有ったものの、平湯のバスターミナルに、時間通りの13時過ぎに到着した。

最初の目的地の大正池は、生憎の小雨模様で、少し寒く、天気はあまり良くなかった。
大正池ホテル(?)前でバスを降り、梓川に沿って、河童橋に足を進める。大正池越しに見る焼岳は、雲が掛かり霞んでよく見えなかったが、水面は穏やかだった。ああ〜、やっと上高地に着たんだな〜

河童橋付近は、団体ツアーのお客さん、家族連れ、登山者たちが入り乱れての、凄い人出で、まるで、難波の商店街を歩くような感じだった。ここで、写真が撮れるような雰囲気ではなかった。
帰りの集合までに少し時間が有ったので、橋を少し離れて、川越しに少しだけの紅葉をカメラに収めた。明日は、もっと多くの、綺麗な紅葉を見たい、撮りたい、そんな思いを抱えて、集合場所のバスターミナルまで行くと、河童橋以上のバス待ちの人たちが居た。大阪万博(古い!!)会場の入り口のようで、各バス乗り場には300〜400人以上が列を作っていた。
我々は、事前に手配をして頂いた専用バスで、スイスイと釜トンネル出口まで行き、府岳連のチャーターバスに乗り換えて、宿泊場所の“中の湯温泉”に無事着いた。

 秘湯の会  成松#1520  2012年10月15日(月) 20:20
千場様

詳細なレポートありがとうございます。
行くまで気が付きませんでしたが、お宿は日本秘湯を守る会の
加盟旅館でした。

この秘湯で、私が行ったことがあるのは、大菩薩岳の嵯峨塩温泉、
雨飾山の小谷温泉など、いずれも素敵な旅館で、今回の中ノ湯
温泉旅館も同じく良いところでした。

これをアピールしていたら、もっと参加者が増えてたかも知れません。

http://www.spa.or.jp/hito/info.htm

 大正池と焼岳登山(その2)  干場 健治  2012年10月13日(土) 22:48
焼岳登山は、まだ星が残る朝5時半に温泉を発った。薄暗かったが、足元はハッキリと見える。天気は上々だ。
温泉横からの急登(?)を20分程掛けて、登山道入り口まで進めた。今回のリーダーの松下さん曰く、「この20分が、今回の焼岳登山の一番苦しい登りです。」との説明を聞き、少し気が楽になった。軽めの準備体操を行なってから、登山を始めた。
登山道は急登も無く、3000m級の山道とは思えないほどで、普段の山道を歩くようなものだった。リーダーが、時々足を止め、経験談などを交えてのガイドが、更に、気を楽にしてくれた。
1時間半ほど歩くと、木立の間から、頂上が見え出した。ここから綺麗な紅葉も見え出した。同時に「パシャ、パシャ」とカメラのシャッターも聞こえ始めた。

凄い!凄い!笹の緑、真っ青な空、白く輝く焼岳頂上、これらのコントラストが見事です。何年ぶりかに見た光景に、ただ、驚くばかりだった。
しばらく歩くと、平坦な広場があり、リーダーの計らいでシャッター・タイムとなった。
メンバーの皆さんの一斉のシャッター音に混ざって、「温泉に浸かり、美味しい料理を食べ、最高の紅葉を見て、これで会費が、○○円とは・・・・・」と言う、声が゙聞こえて来そうだった。いや、聞こえてきた。

10分ほどのシャッター・タイムが終り、30分ほどを紅葉の中を歩き抜けると、登りのガレ場に出た。
リーダーの歩調に合わせ、ゆっくりと、ゆっくりと、高度を上げて行った。疲れはしなかった。
2300メートルの標識当たりから、ゴロゴロとした岩が多くなり、頂上下の噴煙口もハッキリと見えるようになった。強い硫黄臭の噴煙を避けながら、更に岩場を登ると、頂上に出た。9時50分頃だった。予定の時間を少し遅れての頂上だった。

 大正池と焼岳登山(その3)  干場 健治  2012年10月13日(土) 22:43
頂上は案外広かった。20〜30人前後の人が交代に記念写真を撮っていた。
頂上からの眺めも最高だった。
眼下には、田代池、梓川、上高地までがパノラマ写真のように広がって見え、その上には、穂高の山々、奥には槍ガ岳が、(それ以外の山は残念ながら分からないので書けないが、ポスターに載せるような景色だった。)360度で観える。
来て、登って、観て、良かった!! 「これで、会費が○○円とは・・・・・」との思いが、また・・・・・

頂上で充分な時間を取り、身体を休め、北アルプスの山景を堪能して、軽めの中食を採り、後は温泉を目指して、足を早めた。温泉上がりの、恒例のビールは、バスの中だった。

2日間、重そうな、大きな一眼レフカメラを抱えて、一生懸命、写真を撮っていた、お兄さん。
2日間、昼も夜も、一生懸命、“場”を盛り上げてくれた髭のお父さん。
2日間、いつも、大阪弁(?)で、お話しをしてくれた、おばちゃん(ゴメン)。
2日間、いくつもの渋滞が有ったにも関わらず、チャンと、時間通りにバスを走らせてくれた、運転手さん。
2日間、13名のメンバーを、前になり、後ろになり、サポートしてくれた、府岳連のスタッフの方達。
そして、最後まで、予定通りに、無事、今回の登山ツアーをリードしてくれた、松下リーダー。

皆さんのお蔭で、楽しい登山になりました。
ありがとうございました。

  紅葉登山焼岳と大正池   中西 和子  2012年10月10日(水) 10:19  Mail
松下様、スタッフの皆様、大変お世話になりました。
素晴らしい焼岳の紅葉登山を楽しませて頂き有難う御座いました。
感謝の気持ちを込めて、写真を投稿します。
有難う御座いました。

   成松#1520  2012年10月10日(水) 19:00
中西様
綺麗な写真の掲示板へのUPありがとうございます。
聞いた話では、今年の紅葉は10年に一度?の当たり年らしく、焼岳でも期待通りの素敵な景色に巡り逢う事が出来ました。


 焼岳登山・紅葉の写真を載せます  干場 健治  2012年10月15日(月) 20:20
チョット、遅れましたが紅葉写真を載せます。
腕が余り上手くないのですが、雰囲気だけども感じ取られた幸いです。(皆さんの写真とできるだけ被らないようにしました。リサイズが悪く、容量の関係で、3枚しか掲載できません。)

私も、大きな一眼レフカメラを持った、お兄さんの写真を期待しています。

 焼岳山行のお礼  金谷 良子  2012年10月14日(日) 21:52  Mail
 今回始めて岳蓮の例会に参加させて頂きました 感想の一言は感謝です 元来の厚かましさに加え 直ぐに馴染む雰囲気がムンムン もう何回もご一緒させて頂いた様に振舞え気持ちも行動も楽々でした 私にとっては3度目にして大満足の焼岳登山 松下マジックに何となく楽々登山かな?と思いながら 良いテンポの歩き方に苦しい思い無く登頂 好天にお蔭で焼岳の全貌が隅々と見え 自然の不思議さに 大きさに畏敬の念を感じました。素晴らしい紅葉 素晴らしいサポート 楽しいメンバー 良い思い出一杯の焼岳登山 誘って頂いた 金岡さんに感謝です 色々楽しかった有難うございました  (大きなカメラを持ったKさん UP楽しみに待っています 雨具は有りましたか?)  

   成松#1520  2012年10月15日(月) 20:26
金谷様

ご参加ありがとうございました。
最初の急登を過ぎてから、皆様順調に登られました。
実は私もK氏の高級一眼レフで撮った写真をとても
楽しみにしています。

 第153回大阪岳連ハイキンク 焼岳と大正池  松下至博  2012年10月12日(金) 10:55
2012年10月7日[日]〜8日(月)
参加者 17名(内 ハイキング委員4名)

10月7日 
 天王寺7:05=梅田7:20=平湯(バス乗換13:00〜13:15)= 大正池13:30ー散策ー田代池ー上高地(河童橋)14:50
 ー自由時間ー上高地バスターミナル16:00==中の湯(バス乗換)16:15,16:25=中の湯温泉
 旅館着16:35 各部屋に分散  夕食19:00,19:30 就寝:21:00
 
  秋の行楽シーズンでしかも連休中日の為、交通渋滞に巻き込まれる事を極力懸念していましたが、
 時間的ロスもなくスムーズに進行することが出来ました。
 河童橋での参加者の集合写真は後ろの穂高連峰もガスで見る事が出来ないことから あえて川原に降りて
 河童橋の下での写真としました。

 第153回大阪岳連ハイキンク 焼岳と大正池 2  松下至博  2012年10月12日(金) 11:06
10月8日
  中の湯温泉旅館出発5:40ー新中の湯温泉コース登山道入口5:50, ストレッチ体操ー
  登山開始6:00ー下堀沢出合7:50,8:00ー焼岳南峰と北峰のコル9:30―焼岳北峰9:45―
  風景観察、写真撮影―下山開始10:20ー下堀沢出合11:45,12:00ー新中の湯コース登山口
13:25ー中の湯温泉旅館13:30,14:30ーひるがの高原SA16:45=養老SA18:45=梅田21:20==天王寺21:50 解散
 
  早朝(4:00)に空を見ると本日の山行を暗示するがごとく 昨夜の9時とは異なり満天の星空で雲一つ
 見当たりません。 
  登山に不必要な荷物をバスに残し、空が白んできた5時40分に旅館横の登山道より出発しました。

  新中の湯登山道入口前広場にてストレッチを行い、焼岳への畏敬の念と本日の
 登山の安全を祈り、焼岳頂上方面に合掌後登山を開始しました。登りは短めの休息をこまめに入れて
 歩幅も小さくしてゆっくりとした歩行を続けました。殆んどの人は汗も掻くことなく余裕のある
 行動をされていました。

  樹林帯を抜け南峰、北峰のコルが見えてくる下堀沢に近くなってくると
 ナナカマドの紅葉が際立ってきました。雲一つない紺碧の空と山肌、紅葉との絶妙なコントラストに
 参加者は 感嘆の言葉を発しながら登っていきました。

  焼岳頂上では360度展望が開け笠ケ岳から双六岳の稜線と鷲羽岳、穂高連峰と槍ケ岳、常念岳から
 霞沢岳、昨日歩いた上高地周辺、乗鞍岳、御嶽山、富士山は薄曇りの中で見る事は出来ませんでしたが
 八ケ岳連峰 等を見る事ができました。

  頂上で集合写真を撮影後、元来た道を下山しました。天気良し、良き参加メンバー、良きスタッフ
 に恵まれ、大変有意義な山行が出来た事を感謝して 第153回岳連ハイキング焼岳と大正池の報告
 書として記載致します。
 
  集合写真として河童橋下での写真と焼岳での写真を掲示します。参加者の皆さんからの掲示板への
 写真提供と書き込みを楽しみに待っております。
 
                             ハイキング委員会  松下至博

 RE: 焼岳と大正池  みやさん  2012年10月15日(月) 22:16  HP Mail
2日めはほんとにいい天気だったようですね
空が真っ青でスやん。

あのバス集合用に作った「焼岳と大正池」がしっかり写真に写ってる(^.^)。
なるほどそういう使い方があったのか。

皆さん専用の名札も、これからの岳連ハイキングに使ったらいいですよ。

 岳連ハイク153回〜焼岳・大正池〜  金井謙二  2012年10月23日(火) 21:41
中西様、干場様、金谷様、投稿ありがとうございます。

画像を見るにつけ、当日出発前の期待感が思い出されてまいります。

皆さんの納得の笑顔と○○様からいただいた夕食の残り物のお蕎麦が、私にとっての最高の報酬になりました。


11月のリトル比良縦走で、お待ちいたしております。