[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 黒柄山・明神ケ岳と納山会(写真2)  干場 健治  2012年12月22日(土) 19:19
赤松さんの説明とお昼と山娘(?)

 黒柄山・明神ケ岳と納山会(写真3)  干場 健治  2012年12月22日(土) 19:16
納山会

 第155回岳連ハイキング  石水 久夫  2012年12月11日(火) 18:24
AM6時35分の1番バスでも大阪駅6時45分の快速に間に合わず、残念ながらハイキングには参加できなかったが、黒柄温泉に浸り、忘年会では山談義が弾み有意義な1日が楽しめました。
写真 1、黒柄の郷から今回登れなかった黒柄岳と明神ヶ岳の眺望。
   2、14時00分黒柄温泉到着。
   3、昭文社山と高原地図「北摂の山々」「北摂・京都西山」の著者
     赤松氏により地図の講話で地図読みの面白さと大切さを教わり     ました。

 明神ケ岳と黒柄岳  藤木 健策  2012年12月10日(月) 11:17  Mail
天候に恵まれ良き納山会になりました。薦田委員長、赤松さん有難うございました。

 リトル比良縦走  氷見 美子  2012年12月1日(土) 21:56  Mail
第154回岳連ハイキング「リトル比良縦走」に参加の皆様、お疲れ様でした。
AM9:00集合。体操をして9:20出発。比良登山センターの下で種田さんからみか
んの差し入れを頂く。
楊梅の滝を見て、涼峠へ。湿地帯を渡渉しながら寒風峠へ。1回目の記念撮
影をして滝山へ。のはずが分岐を見落として通過してしまう。
鵜川越でいったん車道に下りて、登り返しで岩阿砂利山へ。2回目の記念撮影を
して鳥越峰へ。ここから30メートル戻って分岐に戻ればよかったのだ が、その
まま進んでも岳山へ行く道に合流するだろうと思ったのだが、(実は合流するた
めの分岐はあって、松田さんがトランシーバーで呼んでくれた らしいが気づか
なかった)どんどん下って、見張山へ着いてしまった。
近江高島駅へ計画通り16時着。
いろいろと不手際の連続で申し訳ありませんでした。
氷見

 Re:リトル比良縦走  氷見 美子  2012年12月7日(金) 7:41  Mail
もう一枚、集合写真です。

 リトル比良縦走  干場 健治  2012年12月3日(月) 13:14
JR北小松駅を出て、直ぐの紅葉が綺麗だった。
天気も合わせてくれたかの様に、最高の青空で迎えてくれた。
差し入れのあったミカンを片手に、登山を開始する。あまりきつくない登りを、「ハア〜、ハア!!」言いながら登る。久々の山登りに身体が付いていかない。
楊梅の滝で、一息入れて、また登る。汗と鼻水を拭きながらまた登る。
いつ、通り過ぎたか分からない、涼峠を越え、平坦な湿地帯に入る。傍を流れる小川の水は澄んでいてキレイだ。「岩魚がいても可笑しくないな〜」と言う声に、一瞬目を凝らす。
そこから、少し登り、寒風峠に出る。ここで、記念写真を「パチリ」と撮る。木立の影が入り、出来栄えは良くない。未だに腕が悪い。(皆さんに、「すみません!」)

寒風峠から、緩やかな登りをしばらく続け、滝山を過ごして、「近江高島駅まで5時間」の標識を横目で見ながら、直ぐに、急な下り坂に差し掛かる。下りは苦手だ。自然と間が開いてしまう。
足を急がせると、ポンと鵜川越の分岐に出る。「ここまでが、半分の行程です。この後、同じくらい歩きます。」と言う、リーダーの声に、身体を引き締める。
一息入れて、再び登り、岩阿沙利山を目指す。山頂までは20分程で登れ、小さな山頂標識を見つけて、登山証拠の写真を独りで撮る。いつに間にか、半そでシャツ1枚になっていた。天気が良い。
ここからは、多少上り下りは有ったものの、ほぼ平坦な道を歩く。大きな岩を登り・越え、足を急がせると、鳥越出会いに出る。「鳥越峰」の標識を左に見ながら、まっすぐ進む。

どうも、ここで、道を間違えたらしい。
村の境界を表す(?)標識が立つ稜線のような道を歩く。葉が落ちた雑木林の道を歩く。途中に何回か地図を確かめながら歩く、リーダーの後を付いて歩く。不思議と不安は無かった。
余り人が入ってない、雑木林の落ち葉を踏みながら、気持ちよく歩く。時々、高島町越しに見える琵琶湖と対岸の山並み(伊吹山)が美しかった。
更に、雑木林の道の足を早めると、見張山という、探さないと分からない標識がある山頂(?)に着く。ここで一息入れて、もう一度、地図を確認して、近江高島駅を目指す。
見張山から、ゴロゴロとした石のある急な道を、腰を落として降りる。やはり、下りは苦手だ。汗が出る。
変電所(?)横の柵を抜けて、舗装道に出て、リトル比良縦走のハイキングを終えた。
大阪府岳連のスタッフの皆さん、ありがとうございました。
ハプニングも有りましたが、経験と良い勉強をさせて頂きました。

 黒柄山・明神ケ岳と納山会(写真1)  干場 健治  2012年12月22日(土) 19:21
前回のリトル比良縦走に引き続き天候に恵まれ、朝方は少し寒かったものの気持ちよく、今年最後の山歩きができました。
温泉に入った後は焼肉バイキングの納山会、皆さんとワイワイ・ガヤガヤと楽しく過ごす事ができました。

薦田委員長を始め、スタッフの皆さんにはいろいろとお世話をして頂き、ありがとうございました。
この1年間、ありがとうございました。

遅くなりましたが、今回は、写真だけの投稿になります。