[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 149回龍門山  成松#1520  2012年6月6日(水) 6:56
途中の田代峠ではすでに「龍門山の自然を守る会」の方々が、野鳥や草木、昆虫を観察
していました。高校の数学教師で一歩校門を出ると生物が専門という面白い方でした。
ドラえもんのポケットのように望遠鏡、鳥のパネル、山頂では虫取り捕獲網まで出てき
ました。

 149回龍門山  成松#1520  2012年6月6日(水) 6:58
山頂手前の磁石岩です。写真の中の二つのコンパスを比較して見てください。北を示す
針が全く逆になっています。

 妙見山&高代寺山  氷見 美子  2012年6月25日(月) 21:35  Mail
第150回大阪府岳連ハイキング妙見山&高代寺山にご参加の皆様お疲れ様でした。

午前9時に妙見口駅に一般参加者20名、スタッフ6名、講師に大阪50山執筆者のお一人である赤松滋先生をお迎えして集合。3日前の大雨のために初谷、新滝道ともに道がぬかるんでいて、転倒の危険があるので、登りは展望尾根コース、下りは大堂越コースに変更することを皆さんに伝える。
要所要所でいろいろなお話をしていただき、里山歩きの醍醐味を味わう。11時30分に妙見山の駐車場に付き、三角点を見て開運祈願をし御神水をいただいて、涼しいリフト乗り場横で昼食。
大堂越からケーブル乗り場に着いたのが14時。車道を歩いて高代寺山の取り付きまでいくが、取り付きとおぼしき場所に柵があり、右往左往するが赤松先生から「まわりの地形をよく見てごらん」と言われて一同納得する。近頃は猪や鹿のために柵が増えているそうだ。
山頂までは標高差で300mほどだが、なかなか歩きごたえがある。15時50分に墓地の中を抜けてとってもわかりにくい場所にある三角点に到達。16時30分、妙見口駅到着。大阪50山2つ登りました。乾杯!

多少蒸し暑いけれど夜まで降ることなくまさに梅雨の晴れ間の1日でした。晴れ男、晴れ女の皆さんありがとうございました。

 150回岳連ハイク  金井  2012年6月26日(火) 7:44
9:20 出発
10:25 八町茶屋跡
11:05 山上駐車場
11:30 妙見山三角点
12:05〜12:50 昼食
13:45 ケーブル黒川駅
15:15 高代寺
15:50 高代寺山三角点
16:30 妙見口駅

参加者20人
関係者7人

先日の雨のため、初谷渓谷道から上杉尾根道にコースを変更しての妙見山登山になりま
した。

妙見山から高代寺山経由妙見口駅までは、赤松講師の指導のもと、参加者の皆さんに読
図してもらいながら、交替で先導役をつとめていただきました。

途中道迷いや靴擦れの応急手当などもありましたが、二つの三角点を確認して無事妙見
口駅に到着し、解散となりました。

   成松1520  2012年6月26日(火) 12:25
赤松氏の先導により、参加者20名(うち2名は途中で棄権)と岳連スタッフ6名の計27名で、新緑の眩しい妙見山、高代寺山へ。妙見口駅から舗装道を経て最初の急登で大汗をかいて暫く行くと広い駐車場に出る。その先に妙見山の鳥居が見える。まずは三角点探し。大きな供養塔の後ろにあるのを見つける。

星形の硝子の近代的建物の横の見晴らしのいいスペースで記念撮影。鐘堂、本堂を過ぎ、赤松氏より郵便局の向かい側の建物の前で説明あり。石塀や門のところに十文字の模様が・・。(そういえば入口の馬の像の腹部にも同じ紋がありました。)「切竹矢筈十字」というそうだ。妙見宮は今は日蓮宗だが、当宮を創設した一族はキリスト教との関係も過去にあるらしい。いつの時代も一族の生き残り為にその時代の権力者達の加護を受けることはよく有ること。そのような話を聞いた後、リフト降り場横の大黒天の社の周囲で昼食。

食後のワンポイント講習会では、読図の話からGPSの活用について。いまでは携帯電話にもGPS機能がある。これらの電子機器を上手く活用して現在地の確認や道迷い防止に努めて欲しい等々。さすがに岳連ハイク参加者の殆どの方はコンパスを持参されていた。

後半はさっそく読図による実地研修がスタート。指名された方が先頭に立ち、ルートを進んで行く。

(本来はパーティーのメンバー各自がルートを確認することが望ましいです。そうすることにより、より安全な登山が可能となるはずです。山の本には、靴の紐は下山時には強く結ぶと書かれていますが、実際に体験して見ないと、その重要性が判りません。同様に読図も少人数で道のない場所を歩くような場面に遭遇すると真剣に辺りを観察して現在地を地図で探すようになります。)

今回は比較的距離もあり、盛り沢山の内容の山行だったのではと思います。下山後は、氷見CLが途中で棄権された2名の方の下山確認もされていました。皆様、お疲れさまでした。
(パソコンの調子がわるく携帯からの投稿で、画像ありません。)

 妙見山のブナ林  宮崎   2012年7月5日(木) 14:24  HP Mail
一日で大阪50山を2つも登るって、贅沢で、お得でしたね。
ブナの緑が美しかったでしょう。
妙見山のブナ林って、大阪府指定の天然記念物なんですね。
関西以西では最も標高の低い600m帯で育っているんだそうです。
こちらに出ています。
http://www.pref.osaka.jp/bunkazaihogo/bunkazai/myoukensan_bunarin.html