[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 まもなく三峰山ハイクですね。  成松#1520  2013年1月26日(土) 1:17
寒さが一段と厳しくなってきました。
霧氷の成長には最適の環境ですが、
人にとっては過酷な気象となります。

お申込みされた方は
体調を万全にしてご参加ください。

以前の写真ですがご参考まで。

2008.2.10  八丁平です。

 翌年は・・・  #1520  2013年1月26日(土) 1:20
2009.1.17



 さらに・・・  #1520  2013年1月26日(土) 1:22
高見山も見えます。


最新情報はこちら(御杖村HP)
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/news/

 1/27三峰山ハイキング参加者の皆さまへ  金井謙二  2013年1月13日(日) 21:24
1/27三峰山ハイキング参加者の皆さまへ

「「「「「「「「「「「

1/13の下見の画像を投稿します。

残念ながら、霧氷は付いていませんでした。意外な暖かさで積雪もほとんどなし。
(参考)御杖村のホームページで霧氷の情報が見られます。


案内パンフレットについて、補足があります。

●榛原駅バス乗り場で、全員あらかじめ霧氷バス往復切符を買っていただく必要があります。

乗車前に“往復切符”を買って集合して下さい。

乗客が多ければ、バスは定刻前でも順次出発します。所要時間は1時間程度です。

榛原駅以降のトイレは、みつえ青少年旅行村とそこから30〜40分登った休憩小屋にあり、それ以降はありません。


●携行品につきまして(例年を想定しています)

◇雨具…ビニール合羽や傘ではなく、透湿防水のレインウエアをご用意下さい。尾根上や山頂付近では猛烈に風が吹きます。防風のためにレインウエアが使えます。

 綿の肌着や綿のズボンはふさわしくありません。

 ユニクロの裏フリースの防風ズボン(暖パンというようです)が秀逸です。2,000円くらいで節電時代の部屋着としても最適。ただし、防水機能はありませんのでご注意下さい。

 私の場合、速乾性のTシャツに山シャツとフリース(あるいはフリースの2枚重ね)にレインウエア上衣でちょうどいい具合です。

 ヒートテックなどは、登りでは暑すぎるのではないかと思います。

◇カップ麺…風雪の中、弁当に箸では手が凍えます。かやくや粉末スープの袋を切る手間も要らない“カップヌードル”や“チキンラーメン”がベターです。箸よりもフォーク。バーナーよりもテルモスなどの保温ポットに熱湯をおすすめします。

◇断熱シート…休憩時、座布団にします。昼食は山頂付近を予定していますが、山頂に施設はありません。ビニールシートではお尻が冷えます。

◇スパッツ・アイゼン…初心者の方は、自宅にて事前に装着練習をお願いします。

◇念のため、手袋の替え(予備)があると安全です。写真撮影に夢中になって手袋を落としている人や手袋を風に飛ばされている人を見かけます。風雪の中での手袋の紛失は致命的です。


●もし早く下山できれば、14:45発のみつえ温泉経由のバスで帰れます。念のため着替えをどうぞ。ただ、間に合うかどうかは皆さんのペース次第。

 バスを待つ間、バス乗り場の屋台で一杯というのも可です。たこ焼きやおでんなどもあり。


※前日までの取消は、パンフレットの当日緊急連絡先TELに伝言を入れておいてください。

 1/13 下見写真(続き)   金井  2013年1月13日(日) 22:28
御杖村ホームページ
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/

 第156回岳連ハイク・三峰山  金井謙二  2013年1月27日(日) 16:09
三峰山ハイキング参加者の皆さま、お疲れさまでした。

残念ながら、例年通りの霧氷は見ることができず、霧氷まつりのぜんざいも食べ損ないましたが、奈良交通の霧氷バスは2月も運行されます。霧氷まつりもまだ続きます。

各自でお誘い合わせのうえ、再度チャレンジしてみてください。

お配りした霧氷バスのパンフレットを参考に他の山々も、一度訪れてみてください。


※ご投稿お願いいたします。

 三峰山 記録  成松#1520  2013年1月28日(月) 22:06
 
それにしてもすごい登山客でしたね。この日は霧氷バスは合計7台出ていたそうです。さらに駐車場は第5まで使われていました。

登りのときに見た小さな霧氷も、下山時には全く消えていました。それでも雲の合間の青空に木の枝に付いた霧氷がキラキラと輝いていました。

下山後に楽しみにしていたおぜんざいは例年の2倍用意していたのが足らず、薄めて出したそうで、それでも全然足りなかったと村の人が驚いていました。お土産に買った白菜の漬物はとても美味でした。


帰りのバスは15時から16時の間で、人数が揃えば途中でも出発していました。村の子供たちが帰りのバスに向かって手を振ってくれていました。

お配りした霧氷バスのパンフレットでお気に入りの場所があればどうぞチャレンジしてみて下さい。2月中旬あたりの土日祝までは運行しています。

-------------------------------------------------
第156回岳連ハイク 三峰山

平成25年1月27日(日曜日)
参加者19名、スタッフ3名
-------------------------------------------------

830 榛原駅前集合
905 バス出発
1012 バス到着、みつえ青少年旅行村(トイレ)
  ・・・・・
1033 みつえ青少年旅行村出発
1040 登り尾登山道(衣服調整)
1055〜1105 下の小屋(アイゼン装着、トイレ)
1145 休憩(水分補給、行動食)
1220 避難小屋小休止
1250〜1325 山頂(写真撮影、昼食)
1330 八丁平(写真撮影)
1338 高見山展望場所
1348 避難小屋通過
1415 下の小屋(アイゼン取外し、トイレ)
1500 みつえ青少年旅行村到着、現地解散

-------------------------------------------------

※ここの山は金井CLの庭のような処でした。バス会社の社員だけてなく、村の人達とも顔馴染みで、何かあっても協力が得られてとても心強かったです。



 安全登山の心得  成松#1520  2013年1月28日(月) 23:03
アイゼンやワカンを持って行く時は、前日に取り出して靴に装着してみましょう。購入したばかりの時は勿論ですが、一年前に使っていても、いざ付けようとすると左右前後を間違えたり、バンドが緩かったりします。またアイゼンのバンドはスパッツの上に付ける方が、後で取り外す時に楽です。
それから今回のように登山客や他のパーティーが周囲に多い時は、特にそうですが、団体行動をしていることを忘れすに心がけて下さい。そうはいっても慌てると、落し物をしたり思わぬ怪我をしたりするので、隊列を崩さずに一定のペースを保って歩くことも大切です。

そういうことの積み重ねが安全登山につながり、雪山でのリスクを回避します。

ところで先日、サンフラワー号の船中二泊の弾丸ツアーで霧島に行った時のこと。バスのガイドさんがこのバスの色は青色ですよと何度も言っていました。観光地に着いて駐車場に止めてあるバスが多いと、いざ乗るバスの色を忘れて、気が付いたら違うツアーの赤いバスに乗っていたりする方がたまにいるとか。必ず観光バスの会社名と車体の色は覚えておいて下さいという教訓です。

それにしても霧氷バスは快適でしたね。大きな観光バスを流用しているのはこの三峰山の運行だけです。

 大阪府岳連・樹氷の三峰山ハイク(2)  干場 健治  2013年1月30日(水) 12:01
下山後のゼンザイも期待して、足早のリーダーの後を追っかけたのですが、既に売り切れていて、口に入ることは無かった。これも少し残念でした。(笑)

薦田委員長と

高見山が見えました

 霧氷バス  成松#1520  2013年1月31日(木) 23:28
ご参考まで!


てくてくまっぷ(高見山)
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/teku-nara28.html

てくてくまっぷ(和佐又山)
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/teku-nara33.html

天の川ユースホステル「オリジナルイラスト散策マップ」(観音峰)
http://www5.kcn.ne.jp/~t-yh/irasuto.html

 大阪府岳連・樹氷の三峰山ハイク(1)  干場 健治  2013年1月30日(水) 12:02
府岳連のお世話で、久々に三峰山に登りました。
年末からの寒波もあり、樹氷(海老の尻尾)を期待していましたが、少し残念な結果になりました。
しかし、サラサラに乾いた真っ白な雪を踏み、ガチガチに凍った登山道をアイゼンを履いて登った先の、頂上付近からのアーチ状になった霧氷(?)が青空に映え、美しく、期待に応えてくれました。
頂上でも、霧氷に囲まれて、食事を採り、写真などを撮り、ゆっくりとした時間を過ごす事ができました

 ご参加ありがとうございました。  成松#1520  2013年1月31日(木) 23:36
岳連ハイクお手伝いの成松です。
遠路はるばる足を運んでいただき有難うございます。
やはりもう少し早く頂上に来ないと
沢山の霧氷には巡り会えないものですね。
いつもご投稿ありがとうございます。




 三峰山ハイクに参加して  谷口雅美  2013年1月31日(木) 0:25
1/27(日)に初参加しました。
天候も穏やかで雪を踏みしめて登りました。
みなさまから多くのアドバイスをもらいました。
また、記念品、写真もいただき大変感謝しています。
薦田委員長にも帰路でいいお話を伺いました。
もっと上手に登りたいので、よろしければまた参加させてください。
よろしくお願いいたします。

 ご投稿ありがとうございます!  成松#1520  2013年1月31日(木) 23:42
谷口さま、お疲れ様でした。
普段アイゼンを装着しての歩行などは雪のシーズン以外は
まずやることはないと思いますが、
雪のないときでも岳連では講習会を開いています。
これに懲りずにまたいらして下さい。

ところで今回の三峰山ハイクは
ネットでお知りになったのでしょうか?

   谷口  2013年2月1日(金) 18:39
このハイクはインターネットで知りました。
八ヶ岳の講座案内をお店で見て、それから貴会にアクセスしました。
残念ながら、募集は終わっていたのですが。
2/17日曜日のものも興味後あるのですが、詳細が掲示されますのを待っております。

 谷口様  宮崎  2013年2月4日(月) 7:19
谷口様、初参加ありがとうございます。
雪の山楽しまれましたか。

≫2/17日曜日のものも興味後あるのですが、詳細が掲示されますのを待っております。
申し訳ありません、2/17日曜日の比良御殿山は中止になりました。
またの機会、3月以降の岳連ハイキングに参加のほうよろしくお願い致します。

 お知らせ  成松#1520  2013年2月15日(金) 23:25
谷口さん
2月の予定がなくなって残念でしたが、山岳会に入っていない方のためにパーソナル会員という制度が大阪府山岳連盟にはあります。(なんだか宣伝になってしまいますが・・私もそのメンバーです。)

年会費は3000円で、この前入手されたパンフレットにあるような冬山講習会等の割引や他の山行の案内もあります。

新年度の4月以降にご検討されてみてはいかがでしょうか? 



   谷口  2013年3月16日(土) 15:51
明日、ミステリー富士に参加いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

パーソナル委員会のこともお教えいただければと思います。