[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 白髪岳・松尾山  藤木 健策  2013年3月18日(月) 11:23  Mail
3/17晴天。無風、温度も暑くなく寒くなくの絶好の登山日和。氷見R・宮崎SRでJR古市駅出発。総勢18名。ストレッチングの後、地図の見方を講習しながら白髪岳(721.8m)を登頂、千年杉を見て松尾山(687m)登頂。卵塔群、3地蔵、不動の滝を見物して下山。途中、下りの歩行方法を講習。野道には梅が咲き、フキノトウが群生していました。15:50のJRで帰阪。氷見さん宮崎さん楽しい一日有難うございました。

 岳連ハイク「ミステリー富士」に参加して(2)  干場 健治  2013年3月20日(水) 18:50
松尾山頂上で休憩と記念写真を撮り、千年杉、卵塔群(1600年から1800年の墓石?)、愛宕堂、高仙寺本堂跡(鎌倉時代のお寺の跡)へと過去を訪ねるように、リーダーがゆっくりと足を進めてくれた。
三基の石仏を左に見ながら、更に下る。途中の岩場に掘られた小さな穴の金剛蔵王の真横を通り、直ぐに不動の滝に出た。コケの岩間に挟まれるように、黒く、細く、静かに流れ落ちる滝が寂しく思えた。
3本を束ねた、少し腐った丸太橋を二つほど通り過ごし、キレイに手入れされた杉林の谷道を気持ちよく歩き、元の三叉路に出た。
ここからのアスファルト道端の、花咲く前の(食べごろの過ぎた?)ふきのとうや梅の木の花、名を知らない黄色の花・可愛い小さな紫の花などを眺めながら、古市駅に向かった。
さて、ここまでに、ミステリー富士はどこに・・・・・、それは、疲れてうとうととした、帰りの列車の窓から僅かに富士山の山容をした頂上(丹波富士)が見えた。夢だったのだろうか・・・・・

 岳連ハイク白髪岳・松尾山  宮崎  2013年3月19日(火) 6:42  HP Mail
岳連ハイク白髪岳・松尾山に参加いただきありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか。
いい天気でしたね。
岩場も楽しかったですね。
また皆さんの、感想、画像がありましたら、アップしてみてください。

 Re:岳連ハイク白髪岳・松尾山  宮崎  2013年3月19日(火) 6:51  HP Mail
こちらは松尾山です。
合成したらこんなになります。

すべての画像をこちらに置いていますのスライドショーも楽しんでください。
岳連ハイク白髪岳・松尾山↓↓↓
http://plus.google.com/photos/106615885231518081241/albums/5856781782976892193?authkey=CIqJoZuL0NK6GA

自由にダウンロードできますよ。

 ありがとうございました  氷見 美子  2013年3月19日(火) 6:53  Mail
白髪岳・松尾山ハイキングに参加して頂いた皆様。お疲れ様でした。
私は筋肉痛になってますが皆様はいかがですか?
でも良いお天気に恵まれて楽しい1日でしたね。
4月からも楽しい企画が用意されていますので、是非ご参加ください。
お待ちしております。

 宮崎 一之  宮崎  2013年3月19日(火) 6:59  HP Mail
もう一枚
火の見やぐら?と松尾山、のどかな里山風景と
つくしんぼ。

 御礼  谷口  2013年3月19日(火) 13:57
今回も楽しく参加させていただきました。
ありがとうございました。
皆さんと笑いながら、歩けて良かっです。
読図も教わり、さらに山が楽しくなってきました。
今後もよろしくお願いいたします。
さて、パーソナル委員会も考えているのですが、ロープの使い方など教えていただけることもあるのでしょうか。



 岳連ハイク「ミステリー富士」に参加して(1)  干場 健治  2013年3月20日(水) 18:54
“ミステリー富士”、どんな山だろう・・・・
ハイキング日和の天候に恵まれ、JR古市駅からのアスファルト道を気持ちよく登山口まで足を運ばせた。
ここで、少し休憩を入れ、衣服調整をして、三叉路を左に取り、白髪岳登頂口を目指した。
東屋のある登頂口からは、アスファルト道が切れて登山道となった。ゆっくりと登り始める。
急登あり、階段あり、途中の銀鉱穴跡(銀の採掘跡)を横目に見ながら、雑木林抜けると北アルプスを思わせるような岩場に突き出た。
ロープが張ってあったが、スリルを味わう事ができた。もう少し味わいたい気持ちを引きずりながら、直ぐに頂上に着いた。
頂上は広い。頂上標識から少し離れた岩場で、眼下の町景色が見ながら昼食を採った。インスタントラーメンだったが、美味しかった。(ビールがあれば最高だった!)
白髪岳頂上から岩場を激下する。カメラを向ける余裕も無く、3本を束ねたロープを掴みながら慎重に降りる。下りきってからは平坦な道を鐘掛の辻から松尾山へと足を運ぶ。