[Return]
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年1月2月4月5月7月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年6月7月9月10月11月12月
2009年
2008年

 ボンデン山とお菊山  ひみ  2014年7月3日(木) 14:30  Mail
ボンデン山から早10日。
今夜から尾瀬に出発というのに外は雨。
頑張って降らしてますといわんばかりの雨。

「雨を楽しむ山」というのをボンデン山で予習したから
ま、いっか〜。
熱中症の話は役に立ったけど、尾瀬は低体温症のこと考えなくては!

皆さん、梅酒、梅干し、梅ジュース作りましたか?
今度、山で御馳走してくださいね。

 大変遅くなりましたが・・・  成松#1520  2014年7月25日(金) 1:18
写真をUPします。まずはお菊山へ

 追加です。  成松#1520  2014年7月25日(金) 1:24
わいわい村で昼食休憩

 さらに追加。  成松#1520  2014年7月25日(金) 1:31
梵天山に向かいます。
下山後には熱中症の勉強会もしました。

   尾瀬ハイキング  いしづか  2014年7月7日(月) 20:43
尾瀬ハイキング参加の皆様! お疲れ様でした〜ぁ。
あいにくのお天気でしたがいろいろ盛り沢山ですごいハイキングでしたね。

尾瀬の木道はガイドブックでも見た通りの 延々と続く遥かな木道で
一面に咲くワタスゲに感動しました。 沼にかかるモヤも幻想的でした。

びっくりは燧ヶ岳!ぬかるみ泥田あり、ヤブこぎあり、岩あり、沢ありで
雨で、風で、なんだか悪路講習会って感じで...でも思い返せば楽しかった。

宮崎さんに「雨の日は山が喜んでいるんです」と言われたのを思い出して
これからは雨の山も悪路も少しは楽しんで登れるかな?と思います。

お世話になった氷見さん、宮崎さん、松田さんありがとうございました。


   成松#1520  2014年7月8日(火) 7:30
いしづか様、ご投稿ありがとうございます。悪天候の中、参加者全員が燧ヶ岳に登頂できて良かったです。

「遥かな尾瀬・・・」の歌のとおり延々と続く木道、その周囲りには様々な可憐な花が咲いていましたね。

家に帰ってからテレビを見ていたらちびまる子ちゃんとお母さんがこの歌をお風呂の中で唄っていました。

雨に濡れた緑葉は生き生きとしていて、その中に身を置くことによって普段ストレスの多い日常から開放されてとても癒されました。


 re:尾瀬ハイキング  宮崎  2014年7月9日(水) 5:10  Mail
皆さんお疲れでした。
ほんとにいろんなバリエーションを楽しみましたね。
私にとっても思い出に残る山行となりました。

雨の山は楽しいですね(^^)。

全員が登頂できて、全員が無事に下山できてほんとに良かったです。
皆様のご協力感謝します。

   #1520  2014年7月26日(土) 6:24
写真はこれから歩き出すところです。

 尾瀬・燧ガ岳ハイキング(3)  @文太郎  2014年7月13日(日) 16:33
失礼して、皆さんの写真を撮らせていただきました。

   #1520  2014年7月26日(土) 6:32
尾瀬の高原は貸切状態

 尾瀬・燧ガ岳ハイキング(2-2)  @文太郎  2014年7月13日(日) 16:36
花を少し撮ってみました。花の名前は知りません。(勉強不足です。)

   #1520  2014年7月26日(土) 6:39
それにしても沢山の種類の花々

 尾瀬・燧ガ岳ハイキング(2-1)  @文太郎  2014年7月13日(日) 16:43
雨に濡れて、花が綺麗でした。靄に浮かぶ沼も

   #1520  2014年7月26日(土) 6:46
ボッカしている人も・・・!?

 尾瀬・燧ガ岳ハイキング(1)  @文太郎  2014年7月13日(日) 18:20
生憎の雨模様の天気でしたが、3日間、皆さんに支援して頂きながら、それぞれに楽しく山行ができました。

尾瀬・・・前々から行きたかった場所で、期待して臨みました。
ピークを過ぎていたことも有ってか、静かな雰囲気の中、木道を只管歩いた。
雨に洗われた空気も澄んでいて、日頃の仕事のストレスを解消する事が出来ました。
地平線(?)まで咲き渡るワタスゲの実、靄の沼に浮かび、静かに役目を終えた小舟、雨に濡れ、薄曇りの中に光る長い木道などは、別の面で新鮮でした。
来て、良かったなー・・・と思える時間だった。

燧ガ岳・・・泥濘の道には苦労しました。このような道を何回も歩いてきてはいるのだが、なかなか慣れる事ができませんね。
只管、頂上を目指して登るも、頂上は更に激しい雨風で、残念でしたが、早々に切り上げる事になった。
仕方がない。これも山行のひとつとして経験・思い出に残して置く事にしよう。
後のミーティングで、雨の日の山行の楽しみ方を教わったのは良かった。
また、別の心で、この山行は、卒業を意識させられるような3日間でした。

宮崎さんの山・花の博識とリーダーシップ、後からしっかりサポートしてくれた松田さん、氷見さんの優しい心・・・・ありがとうございました。
楽しかったです。

また何処かでお会いできたら良いですね。

(皆さんにご迷惑が掛かる写真があるかもしれませんが、幾つか(?)添付します。)


   成松#1520  2014年7月17日(木) 12:00
@文太郎様
沢山のお花の写真のUP、ありがとうございます。
雨に濡れた葉っぱはとても綺麗でした。
雨天でも心の持ち方一つで山行が変わってくるのものですね。

   @文太郎  2014年7月18日(金) 23:28
成松#1520さま
フォロー、ありがとうございます。
この時期の花や葉は、雨に会うと特に綺麗ですね。幼葉から大人の葉に変る時期に潤いを得て鮮やかになる・・・・このような時期はヒトとしても欲しいものですね。今回の山行で、改めて感じました。

成松#1520さまの様なフォロワーがいると、安心できます。
これからも、支援、よろしくお願いします。

ありがとうございました。

   #1520  2014年7月26日(土) 6:58
これからも色々な場所でいろいろな景色に出逢えるといいですね。

 尾瀬ハイキング  さすらいのモトちゃん  2014年7月14日(月) 22:13
尾瀬ハイキング参加の皆さん。お疲れ様です。
お元気ですか? 初めて投稿させて、いただきます。
天気には、恵まれなっかたのですが、
思い出深い、決して忘れることのない、大変楽しい「ハイキング」
いや、「スーパーハイキング」でした。
ワタスゲと滝をアップします。

   成松#1520  2014年7月17日(木) 12:08
さすらいのモトちゃん様
ご投稿ありがとうございます。 ワタスゲの草原はとても素敵でした!
三条の滝迄の道のりは燧ヶ岳の良いトレーニングになりましたね。
悪天候の山行は後々になっても忘れられません。今回の尾瀬が皆様にとってそうなってもらえたら幸いです。

   #1520  2014年7月26日(土) 7:16
それにしても本当に水?の豊富なところでした。

   #1520  2014年7月26日(土) 7:32
あいにくの雨で、いや雨だったからこそ、身近な草花をじっくりと観察できたのかも知れません。

 『尾瀬の本』  成松#1520  2014年7月26日(土) 8:17
やっとネットに繋げられるパソコンを自宅に設置したので、いっきに写真をアップしました。尾瀬の雰囲気をもう一度思い出してお楽しみください。

ところで、会社倶楽部のOBの人が本を出しました。これは尾瀬行の前に読んでおきたかった内容です。もしご興味があればご覧ください。

「尾瀬の博物誌」田部井淳子・監修、大山昌克・著(NPO法人尾瀬自然保護ネットワーク副理事長)世界文化社

http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/14218.html