HOME検索
パーソナルメンバーの掲示板です。パーソナルの山行報告、感想、
登山道情報、山用品情報、開花情報などなど。
画像もアップできます。合計800キロバイトまで。
名前
メール
HP
題名

内容
画像1
画像2
画像3
修正キー (英数8文字以内)

 2020年9月13日 比叡山 古道をたずねて  永井 和  2020年9月14日(月) 14:08
[修正]
 9月13日にビギナー山行で比叡山に行ってきました。今は歩かれなくなった古道(白鳥越)をたどって、比叡山の山頂(大比叡)にいたり、古くからの参拝路である松尾坂を八瀬にくだるコースです。途中で簡単な地図読みをしながら、スタッフ3名、参加者6名の9名で行ってきました。

 参加者の皆様、昨日はお疲れ様でした。予報では雨が降るのは確実と思われたのですが、予報がいいほうに外れたおかげで、雨にもあわず、無事下山できました。ヒルの被害はどうでしたでしょうか。事前にヒル対策の注意をしなかったのはうかつでした。

 当日の写真は、広報の村上さんが、追ってアップされると思いますので、コースタイムだけお知らせします。

A修学院駅8:47→B鷺の森神社9:05→C曼殊院前9:15→Dてん子山西尾根入り口9:25→9:44休憩(270m地点)9:53→10:26Eてん子山(442m)10:35→F石鳥居10:51→Gフチガ谷東尾根入り口11:08→11:37H尾根合流点11:43→I一周トレイル合流点11:55→11:58千種忠顕顕彰碑(昼食休憩)12:30→12:40ケーブル比叡駅(トイレ休憩)12:51→Jビュースポット12:55→Kスキー場跡13:12→L四明岳駐車場13:26→M大比叡13:36→13:50N阿弥陀堂14:05→14:28Oスキー場跡14:35→14:44Pロープウェー駅廃墟14:49→15:15Q西山峠15:24→R414m15:41→16:13S精華学園グラウンド16:19→16:34T八瀬比叡山口駅

合計時間: 7時間47分(歩行6時間37分、休憩1時間10分)
合計距離: 13.97km、累積標高(上り): 953m、累積標高(下り): 906m

 お疲れ様でした。  ムラさん  2020年9月15日(火) 15:08 [修正]
CL永井さん
SL和田さん
皆様

比叡山山行、お疲れ様でした。
各担当ルートのナビゲーションはいかがでしたでしょうか?
もし単独行でしたら、迷っていたかもしれません(笑)

京都の里山に精通したCL永井さんの指導や、SL和田さんのカラビナ・シュリンゲを使った簡易ハーネスの講習、勉強になりました。

最後まで雨に降られることはなかったのですが、西山峠からはヒルとの戦いでしたね(笑)

今回も事故等もなく無事に下山できました。

また、撮影した写真をまとめましたので以下のURLより見てみてください!
http://tanosiisannkou.jimdofree.com

 パーソナル委員会からのお知らせ  パーソナル委員会  2020年9月4日(金) 17:20
[修正]
 パーソナル委員会からのご案内です
○ パーソナルビギナー山行 京都「比叡山」(9月13日(日))
   古道をたどりながら、登山地図に無い道も歩きます。 
   http://sangaku-osaka.com/parsonal/20/09/hiei/0913.html
 
○ パーソナル山行「白山」 ソロテント泊(9/19〜21) 
   コロナ対策でソロテントで計画しました。 ソロテント、初めての方もお待ちしています。
   http://sangaku-osaka.com/parsonal/20/09/hakusan/0919.html
   皆さんの参加を待っています。

○ <パーソナル山行 マキノ高原 赤坂山 9/26(土)>
   コロナウイルス感染によるスケジュール見直しで甲斐駒ヶ岳〜仙丈ヶ岳の予定を変更して
   近場にて見直しました。 初級〜中級でのご案内です。 参加お待ちしています。  
   http://sangaku-osaka.com/parsonal/20/09/akasaka/0926.html

○ 技術遭難対策委員会からのご案内
   <安全登山の集い  10月3日(土)夜>
    山岳遭難の現状と事例から学ぶ事故回避策 について 羽根田 治さんの講演です。
   http://sangaku-osaka.com/so-tai/20/anzentudoi/1003.html
   貴重な話が聞けるのではと思います。 是非参加下さい。

 2020.8.29~30パーソナル岩登り練習会&ビバーク体験  ムラさん  2020年9月2日(水) 0:01
[修正]
8月29日(土)〜8月30日(日)で、パーソナル岩登り練習会/ビバーク体験に参加してきました。
 
土曜日の午後からツェルトを張り、少し岩登りをしてその日はビバーク。
日曜日は朝から岩登りをして午前中に解散。
この時期の昼間は、火傷しそうに岩が熱くなるので暑い時間帯を外して講習会をやりました。

ビバークについては、有永さんから体験談や気をつけるポイントなど。
ツエルトの張り方については、山田さんから目から鱗の裏技など。
とても勉強になりました。

翌日は7:00より3班に分かれて岩稜歩きと岩登りの練習をしました。

参加された皆様、講師の皆様、暑い中お疲れ様でした。
またまた下手くそな写真ですが、こちらにアップしましたので見てみてください。

http://2020-8-29-30houraikyo.jimdofree.com/

 2020.8.2パーソナル山行 金剛山・妙見谷  ムラさん  2020年8月3日(月) 8:29
[修正]
金剛山・妙見谷パーソナル遡行にご参加されました皆様、お疲れ様でした!

下手くそな写真ですが、皆様の勇姿をアップしましたので以下のアドレスよりご覧ください。
http://2020-08-02myoukendani.jimdosite.com/

コロナウィルスの影響で今年も前鬼川遡行は中止になってしまいましたが、妙見谷で涼しい山行ができてよかったです。

今回も事故や怪我人もなく無事に下山できました。

   寺田  2020年8月3日(月) 10:28 [修正]
参加者のみなさまお疲れさまでした!
沢中は涼しかったですが下山は暑かった(汗)
四季折々色々計画させていただきますのでまた一緒に楽しみましょう♪

ムラさん、色々とフォロー有難うございました!

 2020.7.26パーソナル山行 比良・釈迦岳  ムラさん  2020年7月26日(日) 20:08
[修正]
お待たせしました。
お待たせし過ぎたのかもしれません((笑))

コロナ禍でずっと中止になっていたパーソナル山行が再開いたしました。
今回はCLでもSLでもなく撮影隊として参加いたしました。

参加人数は、CLSLを入れて9人。
比良駅に8:10集合、バスに乗りイン谷口下車8:40スタート。
後のタイムスケジュールは以下の通り

イン谷口8:40→ワンゲル道合流地で昼食11:30→釈迦岳12:00→ヤケオ山12:40→ヤケ山13:50→涼峠14:25→北小松駅15:35

イン谷口より登りの登山道で、シャカ谷から神璽谷方面の分岐まで連日の雨の影響で登山道に水が流れて、ナメ滝のようになっていました。
釈迦岳までは時折晴れ間が見えましたが、釈迦岳を出発しヤケオ山方面へ向かうと雨が降ってきました。
良く言えば、日差しの暑さがなく涼しい風を時折受けながらの稜線歩きでした。

今回も事故や怪我人もなく無事に全員が下山することができました。

今後は、コロナウィルスの影響で登山自粛になることがないように願っています。

 雨の釈迦岳  永井 和  2020年7月27日(月) 18:56 [修正]
 村上さん、コースタイムと写真ありがとうございます。昨日はお世話をかけました。おかげて助かりました。ありがとうございます。

 ご同行の皆様、昨日は雨の中おつかれさまでした。真っ先にバテてしまった、情けないSLの永井です。ずぶ濡れになっての下山でしたが、釈迦岳への登りとフジハゲまでの稜線の通過が、本格的な雨になる前だったのはさいわいでした。
 はじめて参加の方もおられましたが、梅雨末期の比良山もなかなかのものです。昨日のように他の登山者がまったくいないと、時折聞こえる車の音がなければ、ほんとうに山深い、幽邃な森を歩いている錯覚におちいります。滝見台から見た、滝幅がいつもの3倍をこえる楊梅の滝(雄滝)もなかなか見ることのできない光景です。

 8月以降の山行にも、是非ふるってご参加ください。なお、集合写真ではみなマスクをしていますが、歩行中は、適度な距離をおきつつ、マスクを外してあるいています。

 パーソナル活動再開です  パーソナル委員会  2020年7月1日(水) 12:26
[修正]
新型コロナウイルスで外出自粛となり、パーソナル山行も今年度行事が3か月近く
中止となりました。 
皆様もストレスもかなり溜め込んでおられると思います。
自粛解除を受け、6月の委員会で2020年度のスケジュール、特に前半のスケジュールを見直し下記 URLに掲示しました。
 パーソナル2020年度計画
 http://sangaku-osaka.com/parsonal/20/keikaku/20keikaku.html
  各行事の募集案内(申込含む)はHPにアップして行きます。

さあ、山へ行きましょう。
まずは
7月26日パーソナル山行(初〜中級)
比良釈迦岳
8月2日パーソナル沢登り金剛山妙見谷遡行です。
HPへのアップを準備中です。

 再開の考え方は基本的に7つのエチケット(岳連作成)に基づき見直しました。
 ・土日、不要不急の外出制限でれば中止
 ・3密を避けるやり方はガイドラインに従う。
  移動はなるべ公共機関を使用する。 但し混むバスは避ける。
  車の場合は乗車人数を減らす。 ⇒ 交通費が従来より高くなります。
 ・事前体調の確認(体温)チェック、マスク(移動中必須)、消毒液の準備は
  参加者各自で対応する。
 ・宿泊(テント、小屋、車)は9月末までは実施しないとしたが一部組込む。
  又、今後の取組として
 ・参加費:事前振込を試みる(受付での不要な接触を避ける為)。時期は別途。
  キャンセルへの対応:参加者のキャンセル代に対する不安を少なくする為、
  実費(小屋代、バス代)は各自負担とし参加費を下げて、キャンセル時の
  負担意識を軽減し申込易くする。
  岳連の都合で中止となった場合は全額返金する。
  (但し、返金振込代を引いた金額とする。) 

日本山岳ガイド協会が新型コロナウィルス対策を考えた「これからの新しいスタイル」を今までの基本的な安全登山に加えて、安心して山を楽しむために動画に制作してくれました。六甲山で撮影したんですね。見慣れた場所が出てきます。とても分かりやすいですよ。
これからの山登り 〜みんなで学ぶ安全登山2020〜
http://www.youtube.com/watch?v=1HkIlYagmsM&feature=youtu.be

 連山縦走とロックガーデン  ア山晃一  2020年3月31日(火) 18:38  HP Mail
[修正]
兵庫県宝塚市に位置する西国三十三所の古刹『中山寺』の北から東にかけて連なる山々は、中山連山と呼ばれています。阪急電車の最寄駅から徒歩でアクセスできることもあり気軽にハイキングを楽しめる山として人気があります。住宅地とも隣接していて、体力や予定に合わせてコースを決めることもできるためハイキングから縦走まで楽しむことができます。六甲山周辺の山々が休日ともなるとハイカーで渋滞まで発生するのに対し、中山連山は趣のある良い縦走路であるにも関わらず、人混みは無くゆっくり歩けるのも良いですね。
ホームページ:http://japan-photos.jp/saijiki/?p=11581

 早春の花を愛でに谷道へ(金剛山・石ブテ西谷)  ア山晃一  2020年3月29日(日) 0:58  HP Mail
[修正]
久しぶりに金剛山の花を見に行こうと計画したのですが、花以外の楽しみも考えて沢道を歩こうと検討しました。この時期だとツツジ尾谷やカトラ谷などが一般的なのですが、多少アドベンチャー感も味わいたくて石ブテ西谷を選定しました。シロバナネコノメソウ、サイゴクサバノオなど多くの花が咲いていました。
ホームページ:http://japan-photos.jp/saijiki/?p=11561

 河内飯盛山周辺登山道  ア山晃一  2020年3月29日(日) 0:52  HP Mail
[修正]
飯盛山(いいもりやま)は、大阪府大東市と四條畷市にまたがる北部生駒山地の山です。大阪府山岳連盟が2002年に発刊した「大阪50山(おおさか50せん)」では、『河内飯盛山』と表記されています。標高は314.3mで山頂部には飯盛城の曲輪跡や石垣跡が今も多く残っています。また、南北朝時代の四條畷の戦いで戦死した楠木正行の銅像が建っており、戦国時代の三好長慶の居城としても有名です。一般的なハイキングコース以外に多くのバリエーションがあります。
ホームページ:http://japan-photos.jp/saijiki/?p=10002

 星田連山(大阪府交野市の低山群)  ア山晃一  2020年3月29日(日) 0:45  HP Mail
[修正]
星田三山と呼ばれる北山師岳、星田山、日高山があり、最高峰の羽伏山でも284.2mの超低山群で、ピークは60あります。ほとんどのルートはよく整備されていますが、未整備区間や廃道化している道、崩落個所、藪に閉ざされた区間などもあります。低山と言っても急斜面のトラバースやルンゼ、砂防提もあり、地形図にルート記載のない道が多く、道迷いなどには十分注意が必要です。
ホームページ:http://japan-photos.jp/saijiki/?p=11317

1 2 3 4 5 6 7
過去ログ全 102件 [管理]
CGI-design