HOME検索
パーソナルメンバーの掲示板です。山行報告、感想、登山道情報、
質問、山用品情報、開花情報、なあんでも、つぶやいてください。
画像もアップできます。合計800キロバイトまで。
名前
メール
HP
題名

内容
画像1
画像2
画像3
修正キー (英数8文字以内)

 金剛山 丸滝谷(事前練習会)  村上 晃  2018年8月12日(日) 22:01
[修正]
8月25日、26日のパーソナル大峰/前鬼川遡行の事前練習会に行ってきました。

ご参加されました皆様、お疲れ様でした。

晴れから雨になって雷が鳴ったり、また晴れたり…
変わった天候でしたが、無事に下山することができました。

金剛山の丸滝谷では、3か所の滝でロープを張りプルージックでの通過を行い、稜線まで上がると小休憩後に懸垂下降と3分の1システムの講習も受けさせていただきました。

少し荒い画像ですが、まとめましたので見てみてください。
m(_ _)m

http://personal-committee.jimdo.com/%E9%87%91%E5%89%9B%E5%B1%B1-%E4%B8%B8%E6%BB%9D%E8%B0%B7-%E4%BA%8B%E5%89%8D%E7%B7%B4%E7%BF%92%E4%BC%9A/

 近況報告<富士登山など>  加藤 晃  2018年7月17日(火) 16:38  Mail
[修正]

パーソナル企画には色々とあって暫らくご無沙汰、失礼していますが、今年になって膝も少しづつ回復したのでボチボチ山登りを再開、旅行も兼ねてですが家内と3月に伊豆大島の三原山、6月には北海道の樽前山に登り、この7月には次男と小6の孫と一緒に須走ルートで富士山に日帰り登山をしてきました。

富士山は9年前の10月キリマンジャロに登る前に高度順化を期待して登った時以来8度目・・・流石に年齢のせい?もあって楽々登山には程遠い状況でしたが天気に恵まれてなんとか無事に剣が峰を踏みました。

帰宅して登山靴を見てビックリ。キリマンジャロの時に新調したので、確かに年数も経っているけれどそれほど酷使したわけでもないのに、ソールの側面が両方ともパックリ大穴!! どうやら内部クッションの硬質ウレタンが劣化していたようだ。前日に確認した時はなんでもなかったのに・・・。いつも携行している非常用修理キットを使わずに済み、長い縦走でなかったのが不幸中の幸いでした。


またいつか、皆様とご一緒できるように頑張っています。



   アッキー  2018年7月4日(水) 17:03
[修正]
別の機会に体験クライミングを何度か経験したことはありましたが、登り方を教えてもらうような程でもなく、今回の講習会をとても楽しみに参加させていただきました。

室内とは違い「上に!上に!」と登るのが非日常的で、気分は高揚します。意識が上にしか行かないので、高度感からくる恐怖心のようなものは感じませんが、やっぱりそこは初心者、意識が上にしかないので足元が疎かになったり、バランスが悪かったりとすぐに手詰まりなって動けなくなってしまいます。すると下から「神の声」ならぬ講師のやさしく適切な助言が入り、出なかった手が出るようになり、届かなかったホールドに届くことが何度もありました。クライミングは力も必要ですが、その場にあった体の置き方、動き方が大事なことを体験できました。また、講習参加されている皆さん、それぞれ性別も年齢も体格も違うのですが、各々がその特徴を生かして一生懸命登っているのを見ているのも楽しく、あっと言う間に講習時間が過ぎてしまいました。

最後の総括で、「パーソナル会員に希望があれば、年2回と言わずもっとたくさんクライミングの機会を作っていきたい」とお話がありました。是非、お願いします。

参加された皆様、楽しかったですね。企画運営頂きましたパーソナル委員、講師の皆様、ありがとうございました。

 フリークライミング体験会@ほしだウォール  クマ  2018年7月2日(月) 10:17  Mail
[修正]
 パーソナル委員会では、毎年、岩トレやアイゼントレなど、アルパイン系の講習会を実施していますが、フリークライミングに代表されるスポーツクライミング系の講習会もあってはいいんじゃないかということで試行錯誤し、今回のフリークライミング体験会(@ホシダ)の開催に漕ぎつけました。とりあえず、年2回設定しています。

 今回(7/1)はその第1回目ということで、梅雨の晴れ間の蒸し暑い日に、講師2名、スタッフ5名、講習生10名で、フリークライミングに丸一日打ち込んできました。最初はどうなることかと思いましたが、参加者のみなさんが、腕がパンプしても、指の皮がめくれても、何順も繰り出して登っているのは、結構楽しんでいただいているのに他ならず、まずは一安心しました。スポーツクライミングは、趣味の多様化というか、時代の要請のようにも感じます。

 参加者のレベルに応じて、大まかに3つのグループに分かれ、前傾壁をリードで登るグループ、前傾壁をトップロープで登るグループ、垂直壁をトップロープで登るグループで、それぞれ練習しました。初体験の方でも登れるようにハーネスやシューズもレンタルしました。ガンガンに登ってはりましたよ!

 この体験会は秋(11/3)にまた実施しますので、ふるって参加してください。えっ?クマさんはどうだったか、ですか?そんなこと聞かないでください(笑)。得意なのは木登りのみです。
-

 クライミング  Be  2018年7月4日(水) 0:30 [修正]
初めてのほしだ園地のクライミングウォールでした!
企画&指導してくださったスタッフの方々、講師の方々、
本当にありがとうございました。

私にはなかなかレベルが高くて、ほとんどまともに登れませんでした。
それでも、楽しくて、楽しくて
手さえボロボロにならなければ、もっとトライしてみたかった〜。
オーバーハング、登れるようになりたいです。
また、よろしくお願いいたします。

 久住山/ 由布岳  けいちゃん  2018年6月19日(火) 10:59
[修正]
5月28日の夜 ビスタリークラブと名うって 男性2名 女性3名の熟年5名で サンフラワー号で南港を出発し 九州の山を登りました
5/29 久住山 5/30 平治岳 5/31 由布岳の三山を 美しい花々 緑の平原をながめながら はやい梅雨入りで 曇り 時々小雨 ガスがかかるとミスト状という状況で ゆっくり 厳しく 楽しく登りました。
桜に始まり ミヤマキリシマも平年より早い開花でしたが もう最後かと思われる満開の花々に感激し 特に平治岳の全山をおおいつくす ミヤマキリシマ(紅 薄ピンク 白)の美しさは圧巻で した。
思っていた以上に厳しい三山で 火山の山だけに 濡れた黒土 ゴロゴロ石の歩きづらい登山道もありでしたが アットホームな雰囲気で 声がかかった時 参加出来る人だけでゆっくり歩け る魅力もありました。
30日は湯布院の宿に泊まり 美味しい地鶏鍋に舌鼓を打ち 湯けむり立つ露天風呂で体も心もゆったりと過ごし あくる日の由布岳を登る英気を養いました。
31日夜 別府より同じサンフラワー号に乗車し6月1日早朝 南港に帰って来ました。

5/29 9:30 牧ノ戸峠
11:40 久住山避難小屋
12:25 久住山山頂(1786.5) → 12:45 発
13:40 中岳(1791)
15:20 久住分れ
16:07 法華院温泉山荘

5/30 7:25 法華院温泉山荘
7:40 平治岳登山口
8:42 平治岳分岐
9:30 平治岳山頂(1643) → 10:00 発
11:35 坊ガツル
12:50 雨ケ池
14:00 長者原

5/31 9:08 由布岳登山口(780)
9:45 合野越
10:53 マタエ → 11:03 発
11:27 西峰(1583.5) → 11:35 発
12:15 東峰(1580)
12:30 マタエ → 12:40 発
14:27 由布岳登山口

   けいちゃん  2018年6月25日(月) 9:28 [修正]
6月2日に報告と写真あげたのが消えて??しまって またここに戻ってきました??
写真がなかったので再度掲載します。

@ 5月29日に登った久住山山頂 
A平治岳山頂からのミヤマキリシマ 下山路で白いミヤマキリシマもみれました。
B由布岳 マタエに到着 後は西峰 東峰登るのみ

 交通手段?  クマ  2018年6月26日(火) 15:14 [修正]
お天気はいまいちのようですが、ピンクの絨毯、いいっすね。でも、現役の社会人にはなかなか難しい日程です(笑)

ところで、現地の交通手段は何だったんでしょうか? サンフラワーにマイカーを乗せるよりも、現地でレンタカーを借りたほうが安上がりしそうな感じですね。

   けいちゃん  2018年6月27日(水) 23:39 [修正]
クマさん そうですね〜 頑張って働いてきたご褒美で行けたのでしょうか〜ホホホ
早い梅雨入りになってしまいましたが ここ一番では晴れてオオ〜ってところもある良い子??の歩きでした♪♪

現地でレンターカー借りての方が安上がり・・・と他の方から聞いていましたが 近くまで送って頂いたりと楽ちん 速いなどがあって 私達は助かりました。
読んで頂いて有難うございます<m(__)m>

 6/2.3 残雪期富士山  まぁちゃん  2018年6月23日(土) 22:59
[修正]
6/2(土)
6:00難波集合
6:08出発 7:35黒丸PA 9:25長篠設楽原PA
10:40 富士宮IC
11:45 富士宮登山口着(曇り) 準備 高度順応
12:50 出発
13:11 2490m 10分休憩 六合目
13:56 2660m 10分休憩
14:25 2800m 10分休憩 六合五勺
15:27 3000m 10分休憩 七合目
15;57 3085m 10分休憩 七合五勺
16:27 3200m 八合目到着 テント泊
19:30 就寝

6/3(日)晴れ
3:00起床
3:52出発
4:27 3400m 10分休憩 九合目
5:05 3500m 10分休憩 九号五勺
6:07 3657m 山頂
6:50 3775m 剣ヶ峰着
8:35 お鉢回り終了 下山開始
10:25 八合目 撤収
11:10 六合目
12:15 五合目着

今回は、パーソナル山行に応募が少なく催行されませんでした。
そこへ救いの手が差し伸べられ、山岳会の山行に特別参加させていただきました。
天気予報は二日間共に晴れ予報。梅雨入り前の好天ラストチャンスです。
意気揚々富士山へ向かいます。
五合目ではなんとガスがかかり不安がよぎりましたが、涼しく歩きやすいスタートとなりました。
小刻みに休憩をはさみ高度にも順調に順応していきます。
今回はパルスオキシメーターで休憩毎に計測します。全員ヒマラヤにも行けるお墨付きをもらい、安心して高度を上げます。
たまにガスが晴れ、下界を見下ろせます。
本日の幕営地八合目に到着。

翌朝、3時起床4時出発。不要な荷物をデポして身軽に山頂へ。
空気の薄さを感じながらゆっくりと登ります。
順調に山頂到着後、さらに上の剣ヶ峰日本最高峰を目指します。
ついに3776m到着。雲一つ無く晴れ渡り、空の青色も濃く達成感を感じます。
その後、風も無い好天を逃がしてはもったいないので火口周辺お鉢回りに進みます。
丁度いい斜面があり、滑落停止の練習をしました。
約一時間半のお鉢回りで富士山火口の大きさを感じます。
一呼吸置いて、下山開始です。順調に高度を下げ、八合目到着。
デポした荷物を整理し五合目へ向けて出発しました。眼下に広がった富士山の麓を眺めながら富士山に別れを告げました。
ご一緒してくださいました会の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

写真は「影富士」と「日本最高峰」です。

   まぁちゃん  2018年6月23日(土) 23:00 [修正]
影富士です

   まぁちゃん  2018年6月23日(土) 23:01 [修正]
日本最高峰です

 横山岳・西尾根登山報告書  中村久住  2018年5月27日(日) 5:23  Mail
[修正]
横山岳・西尾根登山報告書     L・中村久住
             気象・晴れ 少し暑い

 総勢15名梅田をAM7.00出発、予定より時間がかかり菅並の駐車場に9.40に着く、
事前調査では、登山口近くの林道に駐車可能だったが村より歩く。
約20分で最初の登山口に木彫りの熊が立っている、ここより登山開始急な丸太の階段を数段登り、滑りやすい粘土質の急斜面をジグザク登る、倒れ木や枯れ枝が道をふさぎ
非常に登りにくい、下降に使うには嫌な所でロープが要るだろうと考える。
372.9のコブに登りホット息をつく、ここより尾根筋有り、急登ありトレースが解りにくく、ペナントも遠くに有り中々難し、踏み跡か獣道か判然としない斜面をペナントを頼りに登る、けやき平上部で体調の悪い方を残し進む、待望の藪椿が一輪のみ美しく
可愛く咲いている、後はほとんど花は残っていない、天狗の森への急登手前でLのNが
リタイアーする、付き合いでNさんも一緒にストップ、花の好きなNさんはまわりを
歩き回り花を探す、本当に珍し花を2種類見つけ感激している、岩カガミの群落も有ったそうだ、もちろん花は終わっている。 PM1.35無事登頂、S・Lの方に感謝する。 11名の登頂組と20分毎に交信する、(但し1名は天狗の森で待機したらしい)下山に移ったのと同時に我々も下降に移る、本当にルートが解りにくく、必死で踏み跡とペナントを探す、変な尾根を無理に降りると危険である、沢筋や岩場、滝、動物、蛇に会いたくない、地元の人に聞くとマムシはもう少し後だそうだが、けやき平の2名と無事合流372.9を過ぎ比較的しっかりした山道を下り、ひょこっと林道に出る、やぁ助かった最初の登山口より約200m奥にでた、道脇にはタラの芽が一杯ある、トランシーバーで登頂組を誘導して汗まみれの11名と合流する。
 パーティはバラバラに成ったが、トランシーバーで連絡を取り合い、一体感のある
楽しい登山でした。
雪の時期、登りごたへの有る尾根だろうと考え行きましたが、なかなかどうして深雪の
ラッセルと、下山時のルートファイディングが大変難しいと思われます、下手に雪の
斜面を下ると雪崩にあいそうです、相当トレーニングを積んだ山岳会なら可能でしょう。

 横山岳  chaco  2018年5月26日(土) 9:02
[修正]
横山岳に参加させて頂きまして、ありがとうございました。

ほぼ初心者に近い私にはハードルの高い山で、想像以上の藪と急登に、

早々に離脱してしまい申し訳ございません。

皆様を待つ間、荷物を置いて植物観察に励んでおりましたので、

些少ですが写真をアップします。

確認のため、図鑑で調べましたが間違っておりましたら申し訳ございません。

 横山岳  Miya  2018年5月15日(火) 22:52
[修正]
今回の横山岳企画は菅並にある登山口がある西から登る珍しいコースです。暑くなるの天気予報でしたがグリーンシャワーをいっぱい浴びて気持ちいい。・・・が急登続きの連続、下山するまで気を抜くことができない
サバイバルな山行でした。そんな中、空木の花や山つつじに癒され、頑張りました。、本当にお疲れさまでした。皆さまありがとうがざいました。忘れられない山行になりました。

 9:40   駐車場より出発  
 10:15  急登の始まり(藪こぎ) 
 10:35  372.9地点     
 11:25  けやき広場
 12:50  天狗の森
 13:22  西峰
 13:35  横山岳        写真お持ちの方はアップお願いします
 13:55 復路下山
 15:52 けやき広場
 16:20 372,9地点
 17:00 駐車場到着

 お疲れ様でした。  村上 晃  2018年5月16日(水) 10:40 [修正]
ご参加されました皆様、お疲れ様でした。
頼りないサブリーダーですいませんでした。
こちらにも写真をアップしましたので、ご確認ください。
https://personal-committee.jimdo.com/

   けいちゃん  2018年5月16日(水) 18:58 [修正]
今回のビスタリー山行 また悪評??というのはビスタリーなのにビスタリーらしからぬ厳しい山行という事らしいですが〜〜たちそう!!
登りも下りも気の抜けない歩きでした〜〜でも下山しちゃうと ああ〜面白かった!! と思えるのは良い歩きだったのだなぁ と思っています。
村上さま 下見に時間も費やして頂き 色々お気遣いくださいまして有難う御座いました<m(__)m> お若い方のエネルギーは歳かさねた私には力になります。〜でごめんなさい 写真どおして観るのですか??
宮成様 記録ありがとうございます。数少ない花やグリンシャワーは嬉しかったですね♪♪
会長はじめ ご一緒の皆さま 有難う御座いました。また 宜しくお願い致します。

 写真の件  村上 晃  2018年5月17日(木) 19:39  HP [修正]
こちらで見れるでしょうか?
http://personal-committee.jimdo.com/
https://personal-committee.jimdo.com/
もし見れないようでしたら、アドレスをコピー&ペーストでお願いします。
<m(_ _)m>

   けいちゃん  2018年5月17日(木) 21:23 [修正]
村上さま 有難う御座いました <m(__)m>
見ることが出来ました。 一部頂きます。 

 横山岳 写真  be  2018年5月16日(水) 20:08
[修正]
横山岳参加のリーダー、サブリーダーをはじめ参加の皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
覚悟はしていたのですが、予想以上にハードなルート、
少し経験値が上がったような気がします。
村上SL、私のつたない歩きにヒヤヒヤしたかもしれません(^^;;
ありがとうございました。

写真をアルバムにしました。
見れないようなら、ご連絡ください。

https://photos.app.goo.gl/K2KzOh6B0Ji1wodq1

1 2 3 4 5
過去ログ全 97件 [管理]
CGI-design