HOME検索

 〜別山リベンジ〜  贄田久美子  2019年11月2日(土) 15:29
[修正]
皆さんに迷惑をかけるのでは・・とどきどきしながらの参加でした。7月にはやっとの思い出到達した六本檜にさくさくと到着しました。三の峰から別山は気持ちの良いコースでガスの合間に秋のすばらしい景色を楽しみました。避難小屋での過ごし方など勉強になりました。足元は悪かったですが 皆さんのお気遣いを感じ安心して歩けました。小屋から水を汲みに行ったり冒険みたいで楽しかったです。今は楽しかったなぁ〜と地図を見ながらうっとりしています。今度は花の季節に行きたいです。

 久留野峠から紀見峠  ア山晃一  2019年10月31日(木) 20:25  HP Mail
[修正]
21日にダイトレ縦走コースを歩きましたが、天候不良のため当麻寺駅から金剛山までとなったため、27日に金剛山から紀見峠まで歩こうと考えました。コンパスに提出した計画書(登山届)は、根古峰まで登り三合目から紀見峠駅へ下る予定にしました。ただ、この日は午後から天候が回復する予定だったので、 13時までに根古峰に到着したらススキが綺麗な岩湧山へ登り、滝畑ダムへ下ろうと目論んでいました。
【久留野峠から紀見峠】http://japan-photos.jp/saijiki/?p=8380
【紀見峠から岩湧山】http://japan-photos.jp/saijiki/?p=8384

 〜別山リベンジ〜2910.10.26~27  佐伯典昭  2019年10月28日(月) 15:19  Mail
[修正]
7月に撤退した「あまのじゃく別山」のリベンジ!!と燃える三宅さんに晴れ男を期待され(?)、ホイホイと参加した佐伯です。

台風は逸れたものの、高気圧の張り出しがあと一日、いや、あと半日早ければ…と、生憎の恨めしい天気に面目躍如とはまいりませんでしたが、何より皆さんの明るさが山行を盛り上げてくれました!
楽しい二日間、ありがとうございました。

さて、「全員の感想をお寄せくださいネ〜」と三宅氏から云い渡された感想は追ってUPするとして、取り急ぎ写真をUPします。

https://photos.app.goo.gl/1RqPiw84U5vLhj3r6

通行止めになる前に、もう一度訪ねてみたいですね!

   佐伯典昭  2019年10月28日(月) 15:26  Mail [修正]
26日に小屋から三ノ峰を偵察した際には別山を望むことはできませんでしたが、アタック当日にはどっしりとした山容を見せてくれました!

   佐伯典昭  2019年10月28日(月) 15:30  Mail [修正]
でも、だんだんと雲行きが怪しくなり、登頂時はご覧の通り。
下山時に一時雨に降られましたが、これもまぁご愛敬!稜線から樹林帯に入ると、紅葉が私たちを出迎えてくれました。

 記録係  中井 宏  2019年10月28日(月) 21:28 [修正]
●10/26(土)  曇り
7:00 上小池P出発、標高920mH → 7:20 三ノ峰(上小池)登山口にて体操、938mH → 7:33 三ノ峰登山口出発(三ノ峰まで5kmの標識あり) → 7:52 (6分休憩、1025mH)7:58発 → 8:42 (3分休憩、1308mH)8:45発、 階段状のよく整備された登山道 → 9:02 六本檜、1420mH、9:15発 → 10:09 剣ヶ岩にて休憩、1671mH、10:25発 → 11:02 (13分休憩、1905mH)11:15発 → 11:50 三ノ峰避難小屋到着、2080mH → 12:23 休憩後、水呑釈迦堂跡へ水汲みへ → 12:43 水場着、1917mH → 13:30 小屋に戻る
★17:30 歓談と夕食後就寝

●10/27(日) 曇り、のち雨、のち曇り
5:00 起床、朝食後各自体操し → 6:35 避難小屋出発、2080mH → 7;43 別山平、2208mH → 7:48 御手洗池にて休憩、2309mH、8:00発 → 8:40 別山山頂到着、2399mH、9:00発 → 10:35 避難小屋、2080mH → 11:15 デポ荷物をパックし、小屋出発 → 13:02 六本檜、1420mH、13:26発 → 14:02 (8分休憩、1061mH)14:10発 → 14:24 三ノ峰登山口通過、938mH → 14:42 上小池P到着、920mH 
★鳩が湯温泉に入り帰阪
-
●感想
 7月の「あまのじゃく 白山山行」は台風直撃で 途中撤退、 この時ヘロヘロになって到着した 六本檜 の標識に到着したとき 、「こんなところまでに あの時は 苦労したんだな~」と 感慨ひとしおでした。 三ツ峰の避難小屋はとても美しく 、早く到着ができたので、小屋でのんびり過ごせたのも 最高に楽しかったです 。水を求めて さらに1時間行動することも何の苦にもなりませんでした 。二日目の別山山頂は ガスに包まれ 眺望は効きませんでしたが、リベンジ成功 バンザイ写真で 終わることができました 。三宅さんがリーダーの山行は毎回楽しくて、穏やか、とても良い雰囲気を味わえます。これからもパーソナルの山行に参加したいと思います。ありがとうございました。
-

 白山リベンジ?  中原正治  2019年10月29日(火) 8:28 [修正]
お疲れ様でした。
 前回参加していないので、リベンジにはなりませんが、楽しく登れました。
腿が少し張ってますが、久しぶりにストックを登りから積極的に使ったので、腕、肩にも張があります。

 小屋(避難)泊、天然の水場利用など良い経験になりました。
天候がもう一つでしたが、時折ガスの合間に紅葉が楽しめ、
冬を迎える直前の、別山を体感でき、リーダーの春には斜面一杯に広がる
お花畑の説明に、再訪をイメージ(これがリベンジ?)しています。

 三宅L、参加の皆様 ありがとうございました。

   上沼 理絵  2019年10月29日(火) 21:59  Mail [修正]
以前、南竜ヶ馬場でテント泊をしていたとき、隣にテントを張っていた方とお話しをして「別山はすごくいい山だから行った方がいい」と勧められました。
その時から行きたいと思いながらも、なかなか機会がなく今回やっと行くことができて嬉しく思っています。

今回は晴天の山行とはなりませんでしたが、ガスの晴れ間から見える紅葉も雰囲気がよく秋の山を楽しむことができました。
今回泊まった三ノ峰避難小屋はとてもきれいで快適でした。スリッパや毛布やハンガーもあるのに驚きました。ぜひまた利用させてもらいたいです。
三ノ峰から別山までは気持ちのいい稜線でした。三宅さんから初夏はニッコウキスゲが咲くとの説明を受け、次はお花の季節に同じコースを行きたいです。
別山からの帰りには雨が降り出して、下りでは何度か転びそうになりましたが、皆さまのおかげで最後までずっと楽しく山を歩くことができました。

三宅CL、菅SL、参加の皆様 ありがとうございました。

   佐伯典昭  2019年10月30日(水) 17:32  Mail [修正]
 久々に参加したパーソナル山行。ほとんどの方と初めてご一緒させていただくことになりましたが、CL三宅氏の豊富な経験に裏打ちされたガイディングとSL菅氏の細やかなフォロー、何よりパーティメンバーの明るさと揃った足並みが、決して好天ではなかった山行を、楽しく心躍る二日間にしてくれました。

 この時期の2000m峰は、服装やアイテムにとても気を使いますね!何をレイヤリングするか、防寒着は?シュラフは? また、避難小屋でどう過ごす? 行動中での衣服調整や、雨具着用、アミノ酸摂取のタイミングは? はたまた、隠れた撮影ポイント至るまで、何気ない行動にも「楽しく安全に登山する」というエッセンスがいっぱい詰まった山行でした。

 贅沢を言えば、ろうそくなどを灯して語りあい、揺れる炎越しに皆さんの人となりをもっと感じたかったな〜!

…それは、また次回のお楽しみということで、お願いしますね、三宅さん!!

 白山 別山    贄田久美子   2019年10月30日(水) 18:08  Mail [修正]
お天気はもう一つでしたが とても楽しく歩きました。
ガスの切れ目もあり秋山の景色を堪能しました。前回ひょろひょろになってたどり着いた六本檜に意外と簡単にたどり着き感慨深かったです。
避難小屋での過ごし方など勉強になりました。
三の峰から別山までは気持ちよくすばらしい景色を堪能しました。皆様に細かく気を使っていただき滑りやすい道でも安心して歩くことができました。別山いいですね〜。今は地図を見ながらまた行きたいなぁとうっとりしています。
お世話になりました。

 白山(別山)感想  畠山雅博  2019年10月30日(水) 22:12 [修正]
 テント泊、避難小屋泊の山行は私にとってあこがれです。応募した理由の一つはテント泊の前に避難小屋泊の経験を積んだほうがいいと思ったからです。

 参加した感想は、非常に有意義で楽しいものでした。私の今までの山行時の荷物の重量は13kgが最大でした。今回は出発時の重量は15kgで不安を抱えながら登りました。どうにか登りきることができましたが限界も感じました。

 飲料水の確保については事前の情報収集が重要であることを知りました。山歩きについては、山の中腹の紅葉が大変美しいと思いました。別山までの尾根沿いのルートは大変美しく優雅に見え感激しました。しかし登るのは大変でした。

 CLの花の名前、花のシーズン・見所、登山ルートの説明も心に残りました。花のシーズンに1回行ってみたいと思いました。
以上

 パーソナルからのお誘いです  パーソナル委員会  2019年10月30日(水) 21:59  Mail
[修正]
パーソナル通信

 1.11月9日(土)  
    パーソナル クライミング体験

    http://sangaku-osaka.com/parsonal/19/11/hoshida/1109.html
    
   年度計画では11月2日としていましたが3連休でもあり皆様のたくさんの
   参加を期待して1週間ずらしました。 クライミングに興味のある方
   是非参加ください。 初級の方もお待ちしています。
    
 2.11月16(土)〜 17日(日)
   パーソナル・ビスタリ山行 御嶽山

   http://sangaku-osaka.com/parsonal/19/11/vist/1116.html

   10月16日以降は9合目以上は入山規制(火山)がかかって登頂できません。
   今年も冬期にも入ってきましたので登れるところまで行くことで計画ました。
   御嶽山の姿が見れることを期待して行きましょう。
      
 3. 11月17日(日)
   http://sangaku-osaka.com/parsonal/19/11/beginner/1117.html

   パーソナル・ビスタリ山行 倶留尊山 
   御嶽山と日が重なっていますが、秋の曽爾高原をゆっくりと楽しみましょう。

 また、いよいよ生駒チャレンジも11月24日(日)です。
   http://sangaku-osaka.com/tokubetu/19/ikoma/1124.html

 白山別山リベンジに 成功  中井宏  2019年10月29日(火) 8:36  Mail
[修正]
7月の「あまのじゃく 白山山行」は台風直撃で 途中撤退、 この時ヘロヘロになって到着した 六本檜 の標識に到着したとき 、「こんなところまでに あの時は 苦労したんだな~」と 感慨ひとしおでした。 三ツ峰の避難小屋はとても美しく 、早く到着ができたので、小屋でのんびり過ごせたのも 最高に楽しかったです 。水を求めて さらに1時間行動することも何の苦にもなりませんでした 。二日目の別山山頂は ガスに包まれ 眺望は効きませんでしたが、リベンジ成功 バンザイ写真で 終わることができました 。三宅さんがリーダーの山行は毎回楽しくて、穏やか、とても良い雰囲気を味わえます。これからもパーソナルの山行に参加したいと思います。ありがとうございました。

   佐伯典昭  2019年10月30日(水) 17:29  Mail [修正]
中井さん、楽しいひと時をありがとうございました。
ところで、この掲示板の感想を、広報紙「山岳おおさか」モノクロ版秋号に、一部抜粋し掲載させていただきました!ご了承ください。
みなさま、お楽しみに!!

 白山 別山  贄田久美子  2019年10月30日(水) 0:47
[修正]
お天気はもう一つでしたが とても楽しく歩きました。
ガスの切れ目もあり秋山の景色を堪能しました。前回ひょろひょろになってたどり着いた六本檜に意外と簡単にたどり着き感慨深かったです。
避難小屋での過ごし方など勉強になりました。
三の峰から別山までは気持ちよくすばらしい景色を堪能しました。皆様に細かく気を使っていただき滑りやすい道でも安心して歩くことができました。別山いいですね〜。今は地図を見ながらまた行きたいなぁとうっとりしています。
お世話になりました。

 ダイトレで体力測定(奈良県)  ア山晃一  2019年10月24日(木) 7:57  HP Mail
[修正]
10月20日は山岳連盟の岩場講習とダイトレ縦走大会(労山)が重なってしまったのですが、日頃のトレーニング成果を確認するためダイトレ縦走に参加予定でした。しかし、孫の運動会が順延で20日開催に…孫の予定に勝るもの無し(^^; と言うことで、10月21日一人で7年ぶりにダイトレ縦走コース(春のコース相当)にチャレンジしました。山を楽しむためには気力だけではままならないのも事実です。そんな自身の体力測定としてダイトレ縦走は判断材料のひとつになりますね。
http://japan-photos.jp/saijiki/?p=8297

 花を探して低山徘徊(兵庫県)  ア山晃一  2019年10月22日(火) 11:19  HP Mail
[修正]
10/16 20日は予定が重なり折角の岩場講習会(TI)に参加できないので、16日蓬莱峡にトレーニングを兼ねて行ってきました。希少な花を探して座頭谷を散策し、剣山へのルート探索にもチャレンジしましたが時間切れでした。屏風岩でロープを張って岩場歩行の練習をして帰りました。
http://japan-photos.jp/saijiki/?p=8267

 我がSATOYAMA(大阪府)  ア山晃一  2019年10月12日(土) 11:02  HP Mail
[修正]
10/06 河内飯盛山は、今の居住地に移り住んで59年見続けている里山です。山腹には、アケボノシュスラン(曙繻子蘭)の群生地があり、昔から地元の人々にとってこの時期の楽しみのひとつです。
http://japan-photos.jp/saijiki/?p=8083

 和佐又山ヒュッテが11月末日で閉館  ア山晃一  2019年10月2日(水) 9:07  HP Mail
[修正]
和佐又山ヒュッテが11月末日で閉館するそうです。
ロッジは来年以降も継続するようですが、寂しい限りです。
詳細は、Facebookにてご確認ください。

---------(以下、Facebook投稿内容)------https://www.facebook.com/wasamata.nara/
昭和57年の開設以来本当に沢山の皆様にご利用頂き、愛して頂いてきた和佐又山ヒュッテでございますが、老朽化が酷く本年11月末日をもちまして閉館させていただく事となりました。
ここに皆様から頂戴致しました御愛顧に心より感謝申し上げます<(_ _*)>

なお、ロッジに付いては例年通り11月半ばから冬季休館しますが、来年4月以降営業を再開予定です(^_^ゞ

私事ではありますが、この素晴らしい自然の中で34年とゆう長きに渡りお仕事をさせていただきました事に感謝の気持ちで一杯です<(_ _*)>

11月末日迄は通常通り営業させていただきますので、後2ヶ月何卒宜しくお願い致します。

尚、来年度知らずに来られるお客様が居られたら申し訳ないので、皆様無理の無い範囲でシェア拡散の程宜しくお願い致します&#128583;&#128583;&#128583;

      令和元年10月1日(火)

  和佐又山ヒュッテ運営責任者
            岩本弥生

1 2 3 4 5 6
過去ログ全 101件 [管理]
CGI-design