自然保護委員会 ネイチャーハイキング 112回水上池 07.3.11


第111回ネイチャーハイキング
2月18日(日)奈良平城宮跡水上池へ水辺の鳥たちを中心に第6回バードウオッチングを実施しました。
夜来の雨も早朝に上がり、曇り空のなか群がるメジロの歓迎を受け平城宮跡で山野の小鳥たちを観ながら、水上池に向かう。
広々とした草原はヒバリたちの天国だ。ジョウビタキやアオジ、コゲラなど、山野の鳥たちも結構顔を見せてくれるので足止めをくいやっと水上池に辿りつく。
池の淵に沿って左周りで水鳥のウオッチングを行う。
カモ類が支配している中、池の中央にある梯下の下でオシドリを見て納得。池の東岸の休憩ベンチでお昼弁当の休憩をとり、池の北岸に近い磐之媛命陵にカワセミを求めて立ち寄る。残念ながら今年は姿を見せない。

気を取り直して西岸に向かう。コブハクチョウ、オオバン、バンがカモ類に混ざってかなり接近してくれ、満足して出発点の南岸へ移動。最後にミコアイサ(♀)
観て全員満足。平城宮跡東院庭園前休憩所で皆で鳥あわせを行い15時25分解散する。
 
参加者13名(内子供1名) 一般8名
岳連関係者5名



平城宮跡資料館駐車場で挨拶と行程など説明後9時40分出発


途中水遊びをする励穏君5才


遠くの電線に止まるハトを見てウワースゲェーと歓声を上げる励穏君 でもヒバリは動きが速く見えないのが残念


やっとヒバリを見て納得移動開始


やっと北上池に到着、始めに見たのはカルガモ、お目当てのオシドリは遥か沖合いだ。


群がるカモ類に混ざってオオバンが1羽発見


参加者全員記念写真


コブハクチョウの舞

かなり接近してきたコブハクチョウ、元は人が池で飼育していたが、野生化したもの


マガモに混じって、首を縦に降り独特の泳ぎで愛嬌をふりまくオオバン


平城宮跡東院庭園前休憩所で解散まえに観た鳥の鳥合わせをおこなう。




TOP 自然保護委員会 ネイチャーハイキング 112回水上池