自然保護委員会 ネイチャーハイキング 8回バードウォッチ南港 08.4.27


主 催:大阪府山岳連盟 自然保護委員会 


第8回バードウォッチング報告

大阪南港野鳥園

NANKO BIRD SANCTUARY

2月17日(日)晴れ一時俄雪
海岸縁で風が強く寒さを覚悟していたが、林に囲まれ日溜り観察で寒さを感じる事無く、
野山の鳥が思ったより多く観られたのは以外でした。
25年も経過するとシイ、カシ類を初めケヤキやナンキンハゼ、サクラなどがよく育ち埋立地とは感じさせない雰囲気。はばたきの丘に登ると小広場の周囲は林に囲まれ鳥たちが梢の上に止まり囀る姿も見られ、双眼鏡から眼を離すことなく、皆さん観察に夢中。
お昼前に展望塔に入館、11時30分から観察指導員により映像システムを用いて観察指導を受けた後、図書館の一室を提供いただき昼食弁当の休憩をしました。


午後は展望塔館内から干潟にやって来る水鳥たちを観察。午前中は全く姿を見せなかった水鳥たちでしたが、午後から雪が降り出した天候の中、どこからともなくカモ類が干潟に姿を見せてくれました。
館内での観察は寒さ知らず、午後2時30分まで熱心に観察を行い、最後に皆で鳥合わせを行い楽しかったバードウォッチングは無事終了。
子供さんが最後まで熱心に観察されていたのが印象的でした。

参加者 14名 (男性6名、女性6名、 子供2名)
    CL 尾花忠一、SL河原道子、宮武 隆、          石水久夫記

青枠はクリックで大きな画像がでます
駐車場で、車での参加者と合流 野鳥を求めて園内の林を進む
はばたきの丘を登る はばたきの丘で周囲の林から姿を見せる野鳥を観察
ナンキンハゼの実を食べるのはムクドリかな 展望塔館内で指導員から説明を受ける
午後は展望塔内でカモ類を観察 最後に皆で観察した鳥の鳥合わせをする
ジョウビタキ メジロ
ムクドリ ツグミ

<園内案内図>


<施設概要>
1983(昭和58年)年9月開園  
施設面積 19.3ha(湿地部12.8ha、緑地部6.5ha)
観察施設 展望塔、北観察所、南観察所
展望塔概要 2階・・・大型テレビ、展示コーナー
1階・・・図書室、会議室、研究室


大阪南港野鳥園で観た野鳥たち
山野の鳥 水辺の鳥
スズメ カイツブリ
ハシブトカラス コガモ
トビ カルガモ
ドバト オナガガモ
メジロ キンクロ
ヤマガラ アオサギ
ジョウビタキ コサギ
ツグミ カワウ
ムクドリ カモメ
ヒヨドリ ミサゴ
カワラヒワ
ハクセキレイ
アオジ
ビンズイ


TOP 自然保護委員会 ネイチャーハイキング 8回バードウォッチ南港