自然保護委員会 ネイチャーハイキング 夏休み岩湧2 10.8.27


岩湧の森で

楽しい夏休み特別企画「ネイチャーウオッチング」

を楽しみました! 2008年7月27日

梅雨も明け、連日猛暑のなか子供たちは、渓流に浸り水生生物をすくい捕るのに大はしゃぎ。
石の下、砂、落葉、川岸にある草の根元など、場所により棲み分ける生物を捕らえるコツも掴みました。
サワガニ、カゲロウ、カワゲラ、ムカシトンボ、ミルヤンマ、などの幼虫やシマアメンボ、どれもきれいな水に生息する水生生物ばかりでした。

暑い最中のうどんすきでしたが、深い森の中で食も進みお変わりのアンコールで完売。
夜は岩湧の森に生息するムササビを観察、今年は4〜5回飛行が確認でき子供もたちは大変喜んでいただいたと思います。

保護者の皆様大変お疲れさまでした。子供達にとって待望の夏休み、自然の中で楽しみ好い体験をして頂いたのではないでしょうか。

森は不思議な力を持っており最近注目されています。私たちは豊かな森と水に恵まれた日本の自然を大切にする輪を広め次世代に自然の不思議さ、面白さ、大切さ、そして自然と付き合い豊かな人材つくりに貢献していく所存です。
今後ともよろしくご協力のほどお願いいたします。

自然保護委員長 足立俊郁

「参加者」
大人12名・子供14名・幼児2名
岳連・・・ 石水・松下・柴田・河原・山田・足立 6名
合計 34名

「行事プログラム」  講師・元四季彩館職員 太田祐子さん

13:00 岩湧第一駐車場集合、せせらぎコーナー移動、自己紹介と説明
15;30 まで捕獲観察分類、スケッチ、高学年試薬による水質検査(行者の水)
16:00 うどんすきを食べ夜のムササビウオッチングの準備
18:00 明るい間にコースの下見と巣穴の確認、
19:30 暗闇の中観察開始、ムササビ泣き声と4〜5回の飛行確認
20:30 終了、太田さんにまとめお願いして21;00解散


開催の挨拶
自己紹介
採取方法の説明後採取開始
これ何かな?
採取したモノの同定が大変 
採取のポイントが解ると
面白いように取れる
試薬を用いて水質測定を学ぶ(小学校4〜6年)
岩湧寺の湧き水も調査 キレイな水でした
採取した生物を皆でスケッチしました
スケッチ風景
懸命に描いた絵を名前を書いて提出
うどんすきで腹ごしらえして夜の行事に備える

ちびっこたちでの記念写真
参加者全員での集合写真
ムササビ観察、明るいうちに下見をする
岩湧の森には30余の巣穴があるとのこと
ムササビのフンを見つけることはムササビが居ることの証し
観察前に太田先生からムササビのことを教えていただく
観察風景(暗いなか一瞬の動きなので目が離せない
最後の締めくくりをして20時30分終了

(千葉圭介様提供写真を加工して作成)
  

↑↓(クリックすれば大きな画像が出ます)

今回観察した水生生物
見分け方スケッチ1 見分け方スケッチ2
カゲロウ
カワゲラ 
カワゲラ
ムカシトンボ
 トビゲラ
ブユ
サワガニ
 アメンボ



TOP 自然保護委員会 ネイチャーハイキング 夏休み岩湧2