遭難対策委員会>岩場レスキュー講習会 09.5.6

岩場レスキュー講習会

10月21日(日) 裏六甲、百丈岩下、確保訓練用櫓周辺にて「岩場レスキュー」を開催しました。 

参加者は申し込み者7名。他に前日の指導員研修からの居残り組8名。の総勢 15名で、初心者は櫓を使用し、確保体勢からの自己脱出を中心に。経験者及び指導員は自然壁を使って、トップが何らかのアクシデントにみまわれ身動きできなくなったとの想定で

「自己脱出→要救助者の所までユマーリングで登る→アンカーの構築→要救助者とのタイイング→下まで介助懸垂により下りる」

を一連の流れとして行いました。
これらは所謂「セルフレスキュー」として必要不可欠であり、クライミングをされる方は最低限身に付けて頂きたい技術です。
今回参加出来なかった皆さん、次回は是非ご参加下さい。

遭難対策委員長 石田 英行 




TOP遭難対策委員会 岩場レスキュー講習会