TOP遭難対策委員会 > 読図講習会 08.6.22


5月24-25日 読図講習会
5月24,25の両日、遭難事故原因のトップである、道迷い事故を防ぐ為に 読図講習会を開催しました。


5/24(土) 机上講習

1時受付開始、1時30分より岩越講師による講習を開始。
磁北線の記入方法、コンパスの使用法、地図記号の見方、等高線による地形の判断、交差法による現在地の確認と続き、午後4時机上講習を終了。
熱心な受講生の質問に岩越講師もタジタジ。
その後、翌日(実技)の打ち合わせを行い解散。
明日は雨の予報…


5/25(日) 実技講習(JR道場駅周辺)
朝から雨… そのせいか当日キャンセルが続出。
実技は昨年同様5班に別れて午前9時過ぎより15分置きにJR道場駅前を出発。
足元が悪いので転倒等が心配。
各ポイントではスタッフの指示に従い現在地をプロット、その後正解を教えてもらい解説を聞く方法で行なう。途中2箇所では三角点の確認や遠方の山を地図上より確認。
最後は千刈ダムにて解散。


今回は女性の参加が圧倒的に多く以外であった。
また、足元が悪かった事も有り本来予定していた時間よりも大幅に遅くなり受講生にはご迷惑お掛けしました。今後の反省点といたします。
最後に受講生の皆さんから頂いたアンケートを見ると概ね満足して頂いたようでホッとしています。今後もご指摘頂いた所は改善し継続して行きたいと思います。

受講生の皆さん、ご苦労様でした。

 受講者数 5/24  27名
      5/25  23名

                               遭難対策委員長

石田 英行





TOP遭難対策委員会 > 読図講習会