遭難対策委員会山岳レスキュー講習会(無雪期) 16.09.13

遭難事故現場で必要な登山者の救助技術の習得・研鑚を
目的として、無雪期のレスキュー講習会を行います。



主催 (一社)大阪府山岳連盟 遭難対策委員会

平成29年度 山岳レスキュー講習会 (無雪期)<開催要項>


1.主旨  遭難事故現場で必要な登山者の救助技術の習得・研鑚を目的とする

2.期日  平成29年10月1日(日)   9時集合 9:30〜17:00

3.会場  裏六甲 百丈岩(鎌倉峡)やぐら前集合 
           (JR福知山線 道場駅徒歩20分)

4.応募資格および定員
  1)応募資格 (1)一般社団法人大阪府山岳連盟所属山岳会員及び 一般
         (2)一般登山技術  又は  クライミング技術をお持ちの方
         (3)一般登山、クライミングのリーダーまたはリーダー候補の方
  2)募集定員  30名

5.コース編成
 ◆縦走、ハイキングレスキュー  10名程度
 ◆クライミング−セルフレスキュー【基本コース】
  (基本の確認を希望される方、及び初参加の方)

 10名程度

 ◆クライミング−セルフレスキュー【応用コース】
  (ステップアップを希望の方)
 10名程度
 *クライミングコース受講者は4級程度の岩場ル−トをリ−ドできること
6.講習日程・内容
   別表−1、2に記載(詳細日程は変更になることがあります)

7.参加申込
    (1)申込方法  別紙申込書により、郵送、FAXまたはHPにて申し込むこと
    (2)申込,問合せ先 一般社団法人大阪府山岳連盟
      〒537-0014 大阪市東成区大今里西2-5-12 大阪セルロイド会館内
           http://sangaku-osaka.com/so-tai/sotai.html
            FAX 06-7504-4214 TEL 06-6973-3675  
    (3)申込期日 平成28年9月23日(土)必着のこと
    (4)受付確認 申し込み受付確認書の送付はいたしません。
           申し込まれた方は直接集合場所にお越し下さい。

8.その他留意事項
    1)受講費    3,000円(当日徴収)
    2)その他の費用 会場までの交通費は、受講者の負担。
    3)山岳保険   受講者は必ず山岳共済保険などに加入していること
    4)講習会持参用具 別表-3に記載


【講習日程】
  行 動 予 定
10月2日
(日)
 8:30〜 9:00 受付
 9:00〜 9:30 開講式・オリエンテーション
 9:30〜12:30 講習
12:30〜13:30 昼食はクラス毎に各自の行動食
13:30〜16:30 講習
16:30〜17:00 まとめ・閉講式


【講習内容】
セルフレスキュー
基本コース
セルフレスキュー
応用コース
縦走、ハイキングレスキュー
1.アンカーポイントの作り方 1.支点の構築 1.応急手当(実技)
2.ビレーの方法 2.ルート工作 2.事故を予防する装備と行動
3.ビレー体勢から の自己脱出 3.ラッペル中の仮固定、途中停止 3.補助ロープを使った安全確保
  4.介助懸垂 4.ビバーク、搬送法
  5.振分救助 5.シミュレーション
  6.ディスタンスブレーキ

 

  7.ライジングシステム  
  8.シュミレーション  
     
     
     
※時間、気象状況等により変更する場合があります。

【講習会持参品】         ◎:必須用具   ○:あれば持参するもの
品   名  縦走 
ハイキング
セルフ
両クラス共
主催者
テキスト

筆記用具  
救急用品(三角巾、テーピングテープ(38mm幅)、包帯等)
登山用ザック  
雨具  
ストック  
ツェルト(又はフライシート等)  
ヘルメット    
ハーネス    
カラビナ 10枚(安全環付き2枚込み)  
スリング(※30cm×1本,60cm×3本,120cm×1本)
下降器、確保器、パス    
ロープ(Φ8.3mm以上×40m位),アッセンダ−、プ−リ−  
補助ロープ(Φ6mm以上×10m位)    
その他山行でよく使う装備及び登攀具(※手袋,ナイフなど)  
※ スリングはフリクションヒッチ、自己脱出、背負用などに使用します。
※ 指先まである手袋を用意してください。
※ ナイフを用意してください。

⇒申込書(PDF)

昨年の講習会の様子です。


TOP 遭難対策委員会 山岳レスキュー講習会(無雪期)