一般社団法人 大阪府山岳連盟
大阪府山岳連盟は、健全な登山の普及啓発に努め、登山を通じてスポーツの振興に寄与します。
スポーツクライミング大阪 強化選手選考基準2022

2022 5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
  • 第10回リードユース日本選手権(LYC2022)
15
  • 第10回リードユース日本選手権(LYC2022)
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

スポーツクライミング大阪 強化選手選考基準2022

令和4年2月28日
一般社団法人 大阪府山岳連盟
スポーツクライミング部競技委員会

スポーツクライミング大阪 強化選手選考基準2022 

1、選考対象資格
① 大阪府山岳連盟スポーツクライミング部登録制度により2022年度選手登録をしていること。
② ユース各カテゴリーは、2022年12月31日時点で以下の年齢であること。成年は、生年月日の基準を満たしていること。
■ユース年齢別グループ
・ユースD 10歳または11歳
・ユースC 12歳または13歳
・ユースB 14歳または15歳
・ユースA 16歳または17歳
・ジュニア 18歳または19歳
■成年 2004年4月1日以前に生まれたもの

2、強化選手選考基準
①選考大会
(1)ユースB、ユースA、ジュニア、成年について
4月3日 HIRAKATA CUP 2022リード競技大会(大阪府枚方市)
4月17日 KASIHIHARA CUP 2022ボルダリング競技大会(奈良県橿原市)
(2)ユースD、ユースCについて
4月3日 HIRAKATA CUP 2022リード競技大会(大阪府枚方市)
6月予定 Soleil FUTURE CUP 2022ボルダリング競技大会(大阪市都島区)

② 出場カテゴリ
(1)4月3日  HIRAKATA CUP 2022リード競技大会
・オープン男子(成年男子、ジュニア男子、ユースA男子、ユースB男子)
・オープン女子(成年女子、ジュニア女子、ユースA女子、ユースB女子)
・ユースC男子
・ユースC女子
・ユースD男子・女子
(2)4月17日  KASIHIHARA CUP 2022ボルダリング競技大会
・オープン男子(成年男子、ジュニア男子、ユースA男子、ユースB男子)
・オープン女子(成年女子、ジュニア女子、ユースA女子、ユースB女子)
(3)6月予定 Soleil FUTURE CUP 2022ボルダリング競技大会
・ユースC男子
・ユースC女子
・ユースD男子・女子

③ 選考方法について
(1)①(1)(2)とも両大会に原則エントリーすること。
(2)選考対象者基準レッドポイントグレード⑤を満たしていること。
(3)ボルダリング競技会の各カテゴリー優勝者、各年齢別グループ最上位者。リード競技会の各カテゴリー優勝者、各年齢別グループ最上位者。
(4)優勝または各年齢別最上位者がリード、ボルダリングとも同じ選手の場合と(3)で選考された選手以外の選考は各カテゴリー・年齢別グループにおいてボルダリング、リード各順位ポイント(“ボルダリング順位ポイント”דリード順位ポイント”)を用いる。
算出値が同数の場合は種目別順位の高い方を優先とする。
*大阪強化選考希望者内の順位にて順位ポイント換算
(5)(4)で同数の場合、同数対象のみ奈良県国体強化選考希望者の順位ポイントを総合換算し選出する。
(6)(5)で同数の場合、④⑤を評価し競技委員会にて協議決定する
(7)年齢別グループ各カテゴリ最大3名を選考する。

④ 考慮対象競技会 2022年
・2月5日~6日   第17回ボルダリングジャパンカップ
・2月12日~13日 第35回リードジャパンカップ

⑤ 選考対象者基準レッドポイントグレード
・ユースD  男子女子とも基準なし
・ユースC  男子5.12a 3級   女子5.11c 4級
・ユースB  男子5.12c 1級   女子5.12a 2級
・ユースA  男子5.13a 初段   女子5.12c 1級
・ジュニア  男子5.13c 二段   女子5.12d 1級
・成年    男子5.13c 二段   女子5.13a 初段

3、決定の方法
大阪府山岳連盟スポーツクライミング部競技委員会が、選考基準に従って推薦し、理事会が承認することにより決定する

4、選考結果発表時期
① ユースB、ユースA、ジュニア、成年は4月17日ボルダリング選考競技大会終了後、5月上旬までに、大阪府山岳連盟ホームページにて発表
② ユースD、ユースCは6月予定ボルダリング選考競技大会終了後、7月上旬までに、大阪府山岳連盟ホームページにて発表

5、 その他
ルール他、JMSCAに変更があった場合はそれに準じて改定を行う。

 

第77回国民体育大会スポーツクライミング競技 大阪代表選手選考基準

JSPO予選会免除対象選手及びスポーツクライミング大阪強化選手から選考する。
成年・少年男子女子ともに、JSPO予選会免除対象選手を優先し、強化選手の上位から出場可能選手を合わせて3名を選考、内1名は予備選手とする。

1、選考対象資格
① 大阪府山岳連盟スポーツクライミング部登録制度により2022年度選手登録をしていること。
② JMSCA選手登録規定に従い、選手登録をしていること

2、選考基準
① JSPO予選会免除対象選手及びスポーツクライミング大阪強化選手から選考する。
② JSPO予選会免除対象選手について
【成年】【少年】
JSPO「トップアスリートの国民体育大会参加資格の特例措置」の決定による。
第77回国体出場意思表明選手からボルダリング種目、リード種目、トップアスリート記名上位より各1名。
いずれか一方の種目でJSPO予選会免除対象選手が2名以上選出された場合は、片方の種目より最大2名を選抜する。
予選会免除対象選手の出場意思表明はJSPOトップアスリート確定発表後10日間以内とする。期間内に意思表明がない場合は辞退とみなし、強化選手を繰り上げる。
③ 選考優先順位
(1)JSPO予選会免除対象選手
(2)大阪強化選手
(3)大阪選考2大会の結果 ボルダリング順位ポイント×リード順位ポイント 算出値が同数の場合は種目別順位の高い方。
(4)(3)で同数の場合、同数対象者のみ奈良県国体強化選考希望者の順位ポイントを総合換算し選出する。
(5)(4)で同数の場合は考慮対象競技会の実績を評価し競技委員会にて協議決定する
*(3)(4)については国体種別順位ポイントを使用する

④ 考慮対象競技会 2022年
・2月5日~6日   第17回ボルダリングジャパンカップ
・2月12日~13日 第35回リードジャパンカップ

3、決定の方法
大阪府山岳連盟スポーツクライミング部競技委員会が、選考基準に従って推薦し、理事会が承認することにより決定する

4、選考結果発表時期
4月17日ボルダリング選考競技大会終了し、JSPO「トップアスリートの国民体育大会参加資格の特例措置」の決定後、6月中旬までに、大阪府山岳連盟ホームページにて発表

5、 その他
JMSCA、JSPOの各要項等変更があった場合はそれに準じて改定を行う。

以上

大阪強化選手選考基準2022(PDF版)

強化指定選手