一般社団法人 大阪府山岳連盟
大阪府山岳連盟は、健全な登山の普及啓発に努め、登山を通じてスポーツの振興に寄与します。
〈終了〉パーソナル山行「葛城二十八宿⑧・神福山、金剛山(第十九番~二十一番)」中級【1月15日】
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

〈終了〉パーソナル山行「葛城二十八宿⑧・神福山、金剛山(第十九番~二十一番)」中級【1月15日】

日本遺産「葛城二十八宿」を巡るパーソナル山行の第8回目です。

葛城修験第十九番経塚。五條市と河内長野市を結ぶ千早峠の西にそびえる神福山の山頂にあり、経塚と2つの祠が安置されている。経塚は四方を石で結界して示され、塚の付近から三面の鏡が出土している。また、隣の祠は高天山(金剛山)佐太雄神社のもので、山麓に立つ大澤寺の守護神、雨乞の神でもある。

葛城修験第二十番経塚。『大和名所図会』によれば、石寺は「金剛山七坊」の一つに数えられる修験の場であり、役行者が百済から運んだと伝わる本尊の薬師如来石仏が、寺号の由来とされているが、伽藍は失われている。石寺跡から登山道を少し上ると、高さ3mほどの巨大な花崗岩の経塚石が立ち、辺りに散在する宝篋印塔や修験者の墓などが寺坊の面影を伝えている。

葛城修験第二十一番経塚。和泉・金剛山脈の最高峰であり、古くは葛城山または高天山と言われた金剛山山頂から東、湧出岳の山頂にある。一言主大神を祀る葛木神社の一の鳥居から下ると、石積みの上に石碑が建てられている。

神福山から金剛山最高峰を登り返す、16km7時間の健脚コースとなります。また、積雪が見込まれるため、必ず軽アイゼンはお持ちください。

※葛城修験については葛城修験日本遺産活用推進協議会HP参照 「シリーズ葛城二十八宿⑨」の予定は、パーソナル事業予定をご覧ください。

<基本情報>

  • 目的地:ダイヤモンドトレール 神福山、金剛山
  • 実施日:2023年1月15日(日)
  • 集合:15日7:50阪急大阪梅田駅1階高速バスターミナル
    • 大型ワゴンタイプのレンタカー利用予定です
  • 解散:15日18:30頃、阪急大阪梅田駅
  • 担当:パーソナル委員会 寺田昭弘(日本スポーツ協会公認山岳コーチ1)

<行程> 

  • 8:00大阪梅田駅→9:30大澤寺P~(大沢越)~11:00第十九番経塚神福山~11:50大澤寺P→車移動(昼食)→12:20天ヶ滝道登山口P~(石寺跡道)~13:30第二十番経塚石寺跡~15:00第二十一番経塚湧出岳~16:50登山口→18:30大阪梅田駅解散
    • 約16km、7時間中級~健脚向き
    • 帰路、日没となる見込みのためヘッドランプ、予備乾電池必携
    • 金剛山では積雪が見込まれるため、軽アイゼンをお持ちください。
    • 必ず予備の防寒具をお持ちください。
    • 昼食以外の行動食は、高エネルギーのものを多めにお持ちください。

<定員及び応募資格> 

  • 募集人員:8
    • 申込が4人未満の場合中止する場合がございます。
  • 参加要件:下記の通り
    • 2022年度パーソナルメンバーであること。
    • 有効な山岳保険に加入していること。
    • 重大な疾病疾患がなく、山行にあたって健康上の問題がないこと。

<参加費> 

  • 6,500円(参加費、レンタカー費用込、税込)

<申し込み、問い合わせ>

  • 申込締切:1月6日(金)
    • 定員なり次第締切。
    • 申し込み受理後、参加確定者に改めてご連絡致します。

<必要装備品>

<新型コロナウイルス感染防止など健康管理に関するご注意>

  • 新型コロナウイルス感染等の推移、その他行政などの指導によって直前に延期・中止する場合がございますので予めご了承下さい。
    • 止む無く事業を延期・中止を決定した際は、参加申込者にその旨メールや電話等でお知らせし、ホームページで告知いたします。
  • 参加希望者は、参加の約1週間前より体調チェックを行い、当日熱があるなど、少しでも体調不良の場合は参加を自粛ください。
    • 参加当日体調の確認を行います。発熱など健康状態によっては、その場で参加をお断りすることもございます。
    • その他重大な疾病疾患がなく、山行にあたって健康上の問題がないことをご確認ください。
  • 開催した事業では、行動中以外のマスク着用、手指消毒を心がけ、当日は担当者の指示に従い、感染拡大防止にご協力ください。

2022年度パーソナル会員申し込み受付中
⦁ パーソナルメンバーについては『仲間と集う』ページをご覧ください。

お知らせ